コスパ最高の「Bluetoothステレオヘッドフォン」を購入してみた!〜使用感、音質など。

先日購入したこちらの「Bluetoothステレオヘッドフォン」。Amazonにて「評価が☆4つ」しかも「2.199円(税送料込、購入時)」というお値打ちな価格もあり、ダメ元で購入してみることに。前回の「開封の儀」に続き、今回は実際にBluetoothで接続をしてみて、その装着感や音質など、感想を書いていきたいと思います。

コスパ最高の「Bluetoothステレオヘッドフォン」を購入してみた!〜開封の儀

まずはBluetoothにてiMacへと接続をしてみることに。こちらヘッドフォン中央にある「電話マーク」の「マルチ・ファンクションボタン」を約3秒長押しすると、こんな感じのペアリングモードに入ります。この時LEDインジケーターが「赤と青の点滅」を繰り返すので、分かりやすいです。

スポンサーリンク

こちらがiMacのBluetooth設定画面。システム環境設定からBluetoothをクリックすれば開きます。ヘッドフォンをペアリングモードしてしばらくすると、こんな感じに商品名が追記されます。こちらの右側にある「ペアリング」をクリックします。

そうしますと自動に接続が開始され、しばらくすると「接続済み」と変わりました。とくにパスワードなどの入力も必要なくそのまま直ぐに繋がりました。機器によってはパスキーの入力が必要な場合もあるようです。その場合のパスキーは付属の「取扱説明書」に記述されています。(4桁の数字)

ペアリングが完了すると青いLEDが3回点滅します。こちらの青いLEDは7秒に1回点滅するようです。

iMacのバーを見てみると、Bluetoothデバイスの中にちゃんと「TT-BH03(ヘッドフォン)」の名前があります。一度ペアリングしてやれば、次回からは自動で繋がります。またこちらから直接「接続」「接続解除」をする事も出来ます。

こんな感じに青いLEDが点滅し、無事に接続されました。それでは早速耳に取り付けて音楽を聞いてみましょう。

・装着感について

まずはこちらのヘッドフォンを装着した感想から述べていきます。こちらはスピーカー部分を耳にかけて、頭の後ろ側にアームを引っ掛ける「ネックバンド型」。このタイプは初めて利用するという事もあり少し不安もありました。重量は「71g」ととても軽いので重量は全く気になりません。

しかしながらアームが結構しっかりとした頑丈な作りなので、最初は「耳の後ろ」と「後頭部の接触部」に違和感がありました。自分はどちらかというと頭は小さい方ですが、それでも凄い余裕があるという感じではありません。頭が大きい方(特に後頭部)には、ちょっと厳しいかもしれません。また髪の毛が多い方も少しきつく感じるかもしれません。

最初は凄い違和感がありましたが、しばらく付けていると徐々に慣れてきました。しかしながら椅子にもたれかかると、アームが背もたれに辺りヘッドフォンがズレたりして気になる事もありました。アームを少し下向きにして装着すれば、多少抑えられます。

歩きながら使用する方には(ウォーキングとか)、しっかりと耳に固定されているのでいい感じで使えると思います。自然に外れてしまう事もまずないのではないでしょうか。後はやはり慣れですね。どうしても耳と後頭部にアームがあたるので、それが気になる方は日用使用は厳しいと思います。

自分も2時間程連続で付けてみましたが、やはり最初はなかなか違和感がとれませんでした。痛いという程ではないですが、気になるという感じでしょうか。長時間の使用には余り向かいないかもしれませんが、2時間程付けて音楽や映画を楽しむのならば、まずまず大丈夫という感じでした。これから日々使用していけば、違和感もよりとれて慣れていくのかもしれません。

・音質について

そしてヘッドフォンとして重要なのが音質ですよね。この価格帯のBluetoothステレオヘッドフォンでちゃんとした音が聴けるのか?と不安でもありましたが、試してみることに。

音質についてですが、低音の重量感はやはり足りないですが、音のメリハリはしっかりと出ていて、全体のバランスは悪くありません。大満足という音質ではないかもしれませんが、この価格帯としてはかなり頑張っている方だと思います。気軽に外出先や作業をしながら聴くには、全然問題ないレベルではないでしょうか。

逆にこの価格帯のBluetoothステレオヘッドフォンでこれだけの音が聴けるのか、という事に驚いたくらいです。コスパ最高というのも強ち間違ってはいないと思います。もっと深みのある高音質で聴きたい場合には、優れたヘッドフォンが沢山あるのでそちらを選択すればいい事ですし。自分的には、思った以上に満足出来ました。

・操作性について

また接続した機器近くでの使用ならば、途中で音が途切れたり音飛びする事もありませんでした。ヘッドフォンを付けたまま「7,8m」とか離れると、さすがに音が途切れたりする瞬間はありましたが、それでも聴こえなくなる事はありませんでした。(最大約10mの音声信号伝送が可能との事)

またヘッドフォンから直接「再生」「停止」「ボリューム調整+ー」「進む」「戻る」の操作が出来るのですが、こちらも全て何ら問題なく動作しました。Bluetoothなので若干のタイムロス(1秒未満)はありますが、それはまぁ仕方がないと思います。

こちらAndroidスマホのZenfone5にも繋いでみました。設定からBluetoothに入り、ペアリングされたデバイスに出てきた「TT-BH03」をクリックします。しばらく待つと、自動で接続が完了します。

ラジオアプリ「Tunein Radio」にてToday`s Hitsを聴いてみましたが、こちらもクリアないい音でちゃんと聴こえました。

Bluetoothステレオヘッドフォン」しばらく使用してみての感想を書いてみましたが、如何だったでしょうか。音質については、この価格帯としてはそれなりに満足出来るレベルだと思います。装着感については、ちょっと好みが別れるところかもしれません。自分もまだちょっと違和感がありますが、徐々に慣れていくのか、今後もその辺をもう少し見極めていきたいと思います。(^_-)-☆


コメントは受け付けていません。