コスパ最高の「Bluetoothステレオヘッドフォン」を購入してみた!〜開封の儀

自分にとって日々の生活にヘッドフォンは欠かせません。とくに最近は「dTV」にてドラマや映画を見る時に、iMacにヘッドフォンを繋いで視聴しています。現在愛用のヘッドフォンは、数年前に購入したこちらの「SONY MDR-MA100 ヘッドフォン」。お値打価格ながら音質も良く、付け心地もなかなかで気に入っています。

「Sony MDR-MA100 ヘッドフォン」が、なかなかいい感じな件。

しかしながら唯一の欠点が「有線」であること。とくにiMacの場合には背面にヘッドフォンジャックがあるので、毎回この接続が面倒だったんですよね。また席を立つ度にヘッドフォンを外さなくてはならないので、これまた面倒だったり。

という事で無線利用が可能な「Bluetoothステレオヘッドフォン」を探してみることに。そしたら何とAmazonで「評価が☆4つ」しかも「2.199円(税送料込、購入時)」という商品が販売されているではありませんか!「TaoTronics」という知らない名前の企業ですが、評価も高いですしダメ元で購入してみることに。

注文から2日で到着。こんな感じのしっかりとしたパッケージに入っています。箱のデザインもなかなかお洒落ですね。

スポンサーリンク

箱から中身を取り出してみました。こんな感じにプチプチにて包装されています。

こちらが付属の「取扱説明書(日本語表記あり)」と「充電用USBケーブル」。こちら充電用USBケーブルには、電源アダプタは付属していないので注意が必要です。自分はこちらの「cheero USB AC ADAPTER」を使用して充電しました。ちなみに初回充電は「2時間ちょっと」で満充電となりました。

「cheero USB AC ADAPTER」急速充電出来るUSB電源アダプターを購入してみました!開封の儀

こんな感じのヘッドフォン専用袋に入っています。鞄などに入れておくのにも便利。

早速中身のヘッドフォン本体を取り出してみました。ブラック基調の色合いで、なかなかに格好いいデザインです。

iPhone5sとサイズの比較をしてみました。しかし本当に小さいです。手のひらにのる感じ。サイズは「13.1×8.6×5.3cm」重量「71g」のコンパクトサイズ。

全体はこんな感じです。折りたたみ式になっており、扱いやすいです。こちらはヘッドホンのスピーカー部分を耳にかけて、頭の後ろ側にアームを引っ掛ける「ネックバンド型」となります。

内側はこんな感じです。製品仕様を見てみますと「通話/音楽再生:最大8時間連続使用」「待ち受け時間:最大200時間」とのこと。この小さいサイズで最大8時間連続使用出来るのならば、日用使いとしては充分なのではないでしょうか。

耳あて部分は、フワフワっとした柔らかい素材で出来ています。とにかく重量が「71g」と軽いのがいいですよね。耳にかけるタイプなので、重量はやはり軽いに越したことはありません。

それでは次回は実際にBluetoothで接続をしてみて、装着感や音質など、実際に試してみた感想を書いていきたいと思います。

続きはこちらから。(^_-)-☆
コスパ最高の「Bluetoothステレオヘッドフォン」を購入してみた!〜使用感、音質など。


コメントは受け付けていません。