「てりかつ丼」土岐名物という「てりかつ丼」を、老舗「ちちや」さんで頂いてきました〜!(^_-)-☆

先日、紅葉巡りに岐阜県土岐市まで行ってきたのですが、そのついでに土岐名物と言われている「てりかつ丼」という丼ぶりを食べに行ってきました。こちらの老舗「ちちや」さんは、地元でも有名な歴史あるお店とのこと。外観はご覧の通り、昭和初期の喫茶店風な感じ。入り口もそう広くはないので、「えっここなの?」と一瞬戸惑ったくらいw。

スポンサーリンク

入り口左側には、これまたレトロな蝋細工のメニュー見本が置いてあります。最近はこうした見本を見かけるお店も少なくなりましたね。「ファミリーレストラン ちゝや」の看板もまた味があります。土岐市駅前南側に延びる商店街を少し入り、左に折れたところにお店はあります。裏口側にはお店専用の駐車場もあります。

店内はこんな感じです。入り口は小さいのですが、奥行きが広くて席数も結構多い(50席〜)です。テーブル席の他に座敷タイプの席もあります。ちょうどお昼時に到着した事もあってか、店内はこんな感じに満席でした。自分も席に座るまで10分程待ちました。店内入り口には、待つための長椅子も用意されています。(4人掛け)

こちらがメニュー。「てりかつ丼」がメインという事は知っていたのですが、このメニューの豊富さには驚きました。丼ものから定食、お弁当まで、多種多様な料理があります。ファミリーレストランの名前は、伊達ではなかったみたいです。メニューを眺めているだけでも楽しくなってきて、期待度も高まります。

やはりこれを食べなければ、という事でこちら「上てりかつ丼」を注文。厚めのカツが丼ぶりを覆い隠しています。カツの下にはキャベツの千切りも。その上からたっぷりの照りの効いたタレがかかっています。この感じは、確かに通常のかつ丼でもなく、ソースかつ丼とも違う雰囲気です。付け合せに「お漬物」が付いてきます。これで「830円」という良心的価格も嬉しいところ。

それでは一口頂きます!(ピンぼけ気味ですがw)ヒレカツが肉厚!そこに独特の甘みのあるタレの旨味が、口の中に広がります。ソースとも違う、ケッチャップとも違う独特な味付け。デミグラスソースとケチャップを合わせたような感じで、甘さの中に酸味も感じられ、和洋中が合体したような感じ。でも全体がバラバラになっている訳ではなく、しっかりと纏まっています。これは間違いなく癖になる味ですね!

名古屋グルメでいうと「あんかけスパゲッティ」に近い感覚かも。(味は全然違いますが)またこれだけの分厚いヒレカツがのっていて、このお値段はほんと良心的だと思います。欲を言えば味付けが甘口なので、「七味(一味)」などがあったらいいアクセントになって、もっと良かったかも。

そしてこちらが「ミックスフライ定食」。「海老フライ」「クリームコロッケ」「鶏唐揚げ」に付け合せ、ご飯、お漬物が付いて、何と「940円」。そのボリュームとお値打ち感にまずビックリ。そしてまたこちらのフライものが、どれもめちゃ美味しかったのです!

海老フライは、こんな感じに身が沢山入っていてプリプリ!お頭も付いている立派な海老が使われているんですよね。クリームコロッケも手作り感いっぱいで、クリーミィーでとても美味しかったです。鶏唐揚げもしっかりと味が付いていて、これまたご飯が進む一品。

ご飯もお大きめの器に盛られていて、食べ応えありました。ご飯もとても美味しかったです。こちら「ミックスフライ定食」自分的にはかなりの高得点!今度またお邪魔する機会があったら、他の色んな定食ものも試してみたいです。これだけの素材と味付けでこの良心的価格、それは流行るハズですね。

また土岐に行った際には、お邪魔したいと思います。
ご馳走様でした。(^_-)-☆

ファミリーレストラン ちちや

コメントは受け付けていません。