「短なすの胡麻生姜和え」家庭菜園で収穫した短なすで、超簡単お摘みを作ってみました〜!(^_-)-☆

数年前から、初夏になるとベランダで家庭菜園を楽しんでいます。(^_-)-☆陽当りがいいので、お水さえちゃんとあげていれば、結構育つんですよね。去年は豊作で嬉しい悲鳴だったのですが、今年はというと雨が多いうえに、日射しが少なかったので、家庭菜園もちょっと苦戦中。そんな中、もう駄目かと諦めかけていた「短なす」から久しぶりに収穫が出来たので、「短なすの胡麻生姜和え」を作ってみました。

「ベランダ家庭菜園2014」短なす、2個同時収穫できました〜

まずは収穫した短なす3個を綺麗に洗って、ヘタととり全体に4箇所程「切れ目」を入れていきます。ヘタには結構太い刺が生えていて、何度か刺さって痛い思いをしましたw。市販で売られている茄子には刺はないのですが、これは処理がされているのかな。ちょっとカットしただけでも、茄子の独特の青臭い匂いがしてきます。それだけ新鮮という事ですね。

スポンサーリンク

今回は、超簡単料理!という事で、思いっきり手抜きで出来る簡単お摘みを作っていきます。まずは各茄子を1個ずつラップに軽く包み、電子レンジで温めていきます

こんな感じに全体がふにゃっとするまで加熱すればOK。これでもう十分中まで火が通っています。

少し冷ましたら、こんな感じに皮を剥いてから、手で裂いていきます。包丁の方が楽にカット出来ますが、必ず手で裂いていきましょう。包丁だと食べた時の食感が違ってくるので。

そうしましたら味付けをしていきます。「胡麻油」「醤油」「おろし生姜」「味の素」「胡麻」を適量ずつ入れていき、後はよく混ぜ合わせるだけ。(今回は胡麻が無かったので入れませんでしたが、本当は入れた方が風味が増すと思います)

今回は短なす3個分しかなかったので、こんな感じの調味料加減で入れました。茄子の量によって味付けは変わってくるので、お好みの加減で味見をしながら入れて下さい。

器に盛り付けて完成!お好みで七味(一味)やかつお節をかけてもいいですね。夏場はこのまま冷たく冷やしても美味しいです。捕れたての短なすだけあって、ちょっと青臭い風味も残っていて、そこがまたいい感じ。本当はここに本物の「胡麻」も入れるとベストかも。野菜類はこうして電子レンジを使って料理する事で、旨味や栄養、風味を逃さずに簡単調理が出来るんですよね。

短なすの胡麻生姜和え」超簡単!美味しかったです!(^_-)-☆

■材料:短なす
■調味料:胡麻油、おろし生姜、醤油、味の素、胡麻、七味(一味)(みな適量)