登録したWiFiに自動接続してくれるアプリ「タウンWiFi」ついにアメリカのWiFiにも対応!なんと100 万スポットに繋がるようになったみたい〜

タウンWiFi

昨今はスマートフォン使用にもパケット料金規制がかかるようになり、パケット節約が必要不可欠になってきました。自分はといえば、iPhone6sは随分前から「基本Wi-Fi運用(Softbank パケットし放題 for 4G LTE=月額2千円)」のまま使用しています。モバイルデータ通信は基本オフ、どうしても必要な場合のみオンにして使用しています。

そうすることで、iPhone6sという人気機種ながら「月額5,500円以下(端末代含)」で毎月利用出来ています。電話は家族電話以外はLINEを使用しているので、ほとんどお金はかかりません。最寄りの駅前などではWi-Fiが使えるところも多いですし、また遠出時にはSIMフリー端末「FREETEL SAMURAI 極」をテザリング、ルーターとして使用しています。

日本から世界へ〜SIMフリー端末「FREETEL SAMURAI 極」がやってきた!開封編!

そんな感じでWi-Fi運用にもそれほど不便を感じていないのですが、やはり街中でスムーズにWi-Fi接続出来るに越したことはありませんよね。各種コンビニやスターバックスなども独自のWi-Fiを設定していますが、場所によって設定やログインが必要だったりで結構手間だったんです。

こちらのアプリ「タウンWiFi」を使用することで、そんな接続時の手間を省くことが出来ます。自動接続先に登録をしておけば、後はその場所に行くだけで自動でWi-Fi接続をしてくれるという便利アプリ。

つい先日のアプデにより「通信保護機能”VPN機能”」を搭載したばかりなのですが、またまた今回のアプデにて、ついに「アメリカのWiFiにも対応」するようになりました。しかもなんと100万スポットに繋がるようになったとのこと。

これは何気に凄いことですよね。出張や海外旅行など、アメリカ(ハワイ含)に行かれる日本人の方は、それなりに多いはず。通信保護機能”VPN機能”を搭載したこちらのアプリを使って、自動でWiFi接続ができるようになれば、そんな心強いことはありません。また結果としてお財布にも優しいことに。

交通系:サンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港、グアム国際空港
政府系:サンフランシスコWiFi、ハワイWiFi、ビバリーヒルズWiFiなど
チェーン店系:スターバックス、マクドナルド、バガーキングなど
モール系:Macy`s、Nordstorm、Walmart
通信会社系:att、Verizon、T-mobile、TWC、xfinity、
その他:City銀行、アメリカ銀行

これだけの場所や企業への自動WiFi接続に対応しています。いやいや素晴らしい。

続きを読む