大阪城巡り〜豊臣秀吉が築いた別名金城とも呼ばれる名城「大阪城」を散策!大阪城公園内を走るロードトレインが気持ちいい〜

大阪城

先日、久しぶりに訪れた「USJ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。念願のハリーポッターワールドやミニオンも見れて大満足の一日でした。その夜はUSJ近くのホテル「ホテル京阪ユニバーサル・シティ」に宿泊。そして次の日は、こちらも念願だった「大阪城天守閣」見学へと向かうことに。

「森之宮駅」から徒歩10分ほどの所にある老舗お好み焼き店「お好み焼き くろちゃん」で名物「関西風モダン焼き」を堪能した後は、本日の目的地「大阪城」を目指すことに。

大阪城最寄り駅”森之宮駅”近くにある老舗お好み焼き店「お好み焼き くろちゃん」の関西風モダン焼き!雰囲気も味も最高だった!^^

こちらが森之宮駅近くの「大阪城公園」入り口。真正面には「大阪城天守閣」のお姿がはっきりと見て取れます。山城ではなく平地に建っているので、こうして何処からでも目にすることができます。この辺は地元「名古屋城」とも似ているところ。

続きを読む

岐阜城巡り〜冬雪に覆われた織田信長山城「岐阜城」を散策!恐る恐る雪道を超えると、そこには岐阜城のお姿が!^^

織田信長山城「岐阜城」

岐阜県岐阜市金華山にあった日本の城が、織田信長の山城として有名な「岐阜城」。別名「稲葉山城」とも呼ばれています。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城。

これまでにも何度か訪れてはいるのですが、こちらブログではまだご紹介していなかったので、あらためて散策に行ってきました。しかも予定していた日が、そこそこその雪景色。ちょっと躊躇しながらも、逆に雪景色の岐阜城は珍しいので、そういう意味ではワクワク感も。

岐阜城巡り〜冬雪に覆われた織田信長山城「岐阜城」を散策!展望レストランにて「飛騨牛ハンバーグ」を堪能!

岐阜城へと向かう山道には、白壁が連なっています。屋根の上にも雪が積もっていて、いい雰囲気。壁面には「狭間(さま)」と呼ばれる丸・三角・四角の穴が空いています。これは防御用の穴や窓で、戦闘の際はそこから弓矢や鉄砲などで攻撃したらしい。

続きを読む

岐阜城巡り〜冬雪に覆われた織田信長山城「岐阜城」を散策!展望レストランにて「飛騨牛ハンバーグ」を堪能!^^

岐阜城 展望レストラン ポンシェル 飛騨牛ハンバーグ

岐阜県岐阜市金華山にあった日本の城が、織田信長の山城として有名な「岐阜城」。別名「稲葉山城」とも呼ばれています。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城。

これまでにも何度か訪れてはいるのですが、こちらブログではまだご紹介していなかったので、あらためて散策に行ってきました。しかも予定していた日が、そこそこその雪景色。ちょっと躊躇しながらも、逆に雪景色の岐阜城は珍しいので、そういう意味ではワクワク感も。

岐阜城巡り〜冬雪に覆われた織田信長山城「岐阜城」を散策!金華山ロープウェー編〜

金華山ロープウェー」に乗り、金華山頂上付近で下車。ここから先は歩きです。岐阜城を目指す前に、今回のもう1つの目的地「展望レストラン ポンシェル」に立ち寄ることに。

まず先に左側にある「食券販売機」で食券を購入する仕組み。

続きを読む

岐阜城巡り〜冬雪に覆われた織田信長山城「岐阜城」を散策!金華山ロープウェー編〜

織田信長山城「岐阜城」金華山ロープウェー

岐阜県岐阜市金華山にあった日本の城が、織田信長の山城として有名な「岐阜城」。別名「稲葉山城」とも呼ばれています。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城。

これまでにも何度か訪れてはいるのですが、こちらブログではまだご紹介していなかったので、あらためて散策に行ってきました。しかも予定していた日が、そこそこその雪景色。ちょっと躊躇しながらも、逆に雪景色の岐阜城は珍しいので、そういう意味ではワクワク感も。

こちらが駐車場前にある「無料休憩所」。(大型バスも駐めれる駐車場)飲食スペースもあるのですが、この日はそちらは閉館。こんな感じの雰囲気ある中庭が眺められます。

続きを読む

犬山城下町巡り〜「桃太郎神社」にて、銀杏や紅葉の色華やかな紅葉を満喫!^^

桃太郎神社

愛知県犬山市にそびえ立つ名城「国宝 犬山城」。織田信康築城、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式をそなえています。そんな犬山城のお膝元にあるのが、古い町並みがそのまま残る「犬山城下町」。

これまでにも犬山城には何度か訪れているので、今回は紅葉を眺めつつ「犬山城下町散策」から木曽川を船で下る「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」を体験してきたので、ご紹介していきたいと思います。

犬山城下町巡り〜「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」にて木曽川下りと紅葉を満喫!

「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」到着地「桃太郎港遊覧船のりば」の先には「桃太郎公園」があります。この公園は敷地も広大で、木曽川と山々に挟まれた自然豊かなところ。こんな感じに本格的なテントを張ってキャンプをする方も。

続きを読む

犬山城下町巡り〜「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」にて木曽川下りと紅葉を満喫!^^

桃太郎紅葉船

愛知県犬山市にそびえ立つ名城「国宝 犬山城」。織田信康築城、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式をそなえています。そんな犬山城のお膝元にあるのが、古い町並みがそのまま残る「犬山城下町」。

これまでにも犬山城には何度か訪れているので、今回は紅葉を眺めつつ「犬山城下町散策」から木曽川を船で下る「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」を体験してきたので、ご紹介していきたいと思います。

犬山城下町巡り〜古い町並みを眺めながら「醤油玄米だんご」を堪能!犬山城天守閣からの眺めも〜

こちらが「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」犬山橋遊覧船のりば。名鉄「犬山遊園駅」東口より徒歩約3分のところにあります。今年は「11月19日~29日」紅葉期間中に開催。(すでに終了)船上からゆったり紅葉見物、片道20分の船旅を味わえます。

こんな感じに救命ベストも貸してくれます。この季節ならではの風景も味わえるとのことで、とっても楽しみにしていました。また土日祝は吉本芸人が案内役を務めてくれるとのこと。これだけサービス盛り沢山ながら「片道 / 大人おとな500円 / こども(3歳~小学生)100円」と価格も良心的。

続きを読む

犬山城下町巡り〜古い町並みを眺めながら「醤油玄米だんご」を堪能!犬山城天守閣からの眺めも〜

犬山城下町巡り

愛知県犬山市にそびえ立つ名城「国宝 犬山城」。織田信康築城、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式をそなえています。そんな犬山城のお膝元にあるのが、古い町並みがそのまま残る「犬山城下町」。

これまでにも犬山城には何度か訪れているので、今回は紅葉を眺めつつ「犬山城下町散策」から木曽川を船で下る「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」を体験してきたので、ご紹介していきたいと思います。

犬山城下町巡り〜紅葉を眺めながら「あゆ釜めし」「鮎ぞうすい」に舌鼓を打つ!

こちらが犬山城下町から眺めた景色。正面には「犬山神社」そして高台には「犬山城天守閣」をのぞむことができます。ちょうど和服姿で楽しそうに歩いている女の子達がいたので、後ろからパシャリ。古い町並みに天守閣、そして和服姿といい一枚が撮れました。

続きを読む

犬山城下町巡り〜紅葉を眺めながら「あゆ釜めし」「鮎ぞうすい」に舌鼓を打つ!^^

犬山城下町巡り

愛知県犬山市にそびえ立つ名城「国宝 犬山城」。織田信康築城、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式をそなえています。そんな犬山城のお膝元にあるのが、古い町並みがそのまま残る「犬山城下町」。

これまでにも犬山城には何度か訪れているのですが、今回は紅葉を眺めつつ「犬山城下町散策」から木曽川を船で下る「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」を体験してきたので、ご紹介していきたいと思います。(今回は犬山城には行っていませんが、のちほど2012年時の写真と共にご紹介予定)

こちらが犬山城下町の入り口にある「犬山神社」。こちらの奥高台には「国宝 犬山城」がそびえ立っています。自動車は犬山城下町からすぐの所にある「犬山市キャッスルパーキング」に駐車。1日500円。第一から第三までありますが、犬山城下町を見るならば、並んでも第一の方が便利です。(今回は20分程並んで駐車できました)

続きを読む

姫路城巡り「世界文化遺産 国宝 姫路城」白鷺の天守閣、その壮大さ美しさに感動!^^

世界文化遺産 国宝 姫路城
(写真は家族がiPhone6sで撮影、文章は訪れた家族目線で書いています)

先日、家族が一泊旅行がてら兵庫県にある世界文化遺産「国宝 姫路城」まで行ってきたので、ご紹介してみたいと思います。平成5年12月、奈良の法隆寺とともに日本で初の「世界文化遺産」にも指定された姫路城。シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれています。

姫路城は、江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つで、大天守・小天守・渡櫓等8棟が国宝に、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に指定。1346年赤松貞範による築城とする説が有力、戦国時代後期から黒田氏や羽柴氏が城代に。関ヶ原の戦いの後に城主となった池田輝政によって今日見られる大規模な城郭へと拡張された。(Wikipediaより抜粋)

2009年(平成21年)から2015年(平成27年)にかけて「平成の大修理」と呼ばれる姫路城大天守保存修理工事が行われることとなり、現在では白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白鷺の如く真っ白な城壁を眺めることができます。

そのままの白い美しさが楽しめるのは工事完了より「1,2年の間」とも言われているので、何とか今年のうちにということで計画を立て一泊旅行もかねて訪れることになりました。

こちらが姫路城お堀にかかっている「さくらもんばし」。お堀ではかならず見かける木造橋、風情があって好きな風景。

続きを読む