三重県桑名のはまぐりを使って「はまぐりパスタ」「はまぐり炊き込みご飯」を作ってみた!^^

桑名のはまぐり「はまぐりパスタ」「はまぐり炊き込みご飯」

三重県桑名のはまぐり」は全国的にも有名。とくに「その手は桑名の焼き蛤」洒落で有名なはまぐりの名産地。桑名の浜から沖合いにかけては、木曽三川の淡水と海水がほどよく混じり、貝や海苔・白魚などが豊富に採れる場所。とくに蛤(はまぐり)は「浜の栗」と呼ばれるほど色・艶がよく、ふっくらとした大きな実で、古くから全国的に知られています。

そんな名産地のはまぐりを沢山頂いたので、色々とアレンジして頂いてみました。こちらは本場三重県桑名で創業百年のはまぐり問屋「桑名マルヨシ水産」の桑名産ブランド蛤。今回は前回に続き、もう少しアレンジした料理「はまぐりパスタ」「はまぐり炊き込みご飯」に挑戦してみたいと思います。

三重県桑名の”はまぐり”を頂いたので「はまぐりの酒蒸し」「焼きはまぐり」を作ってみた!^^

まずは「はまぐりパスタ」から料理していきますか。沸騰したお湯に塩を適量入れて、そこにパスタを投入パスタ麺は、いつも愛用している「イタリア産ブルネッラ1.7mm」を使用。

続きを読む

塩などから余分な湿気を吸い取るスプーン「珪藻土スプーン Karari」を購入してみた!^^

珪藻土スプーン Karari

6月も後半、今年は梅雨入り宣言したにもかかわらず、まだ空梅雨といった気配。でも今週半ば頃からは、本格梅雨になってきそうな感じ。梅雨といえば、嫌なのが湿気ですよね。夏もカラッとした暑さならば嫌いじゃないのですが、ジメジメした湿気のある暑さは大っ嫌い。

そん湿気の多い梅雨時期には、乾燥ものが湿気で固まってしまいがち。料理には欠かせない「」なども、いざ使おうと思ったら固まってすくえない、なんてことも。そんな時に重宝しそうなのが、塩などから余分な湿気を吸い取ってくれるスプーン「珪藻土スプーン Karari」です。

珪藻土アイテムは、これまでにも幾つかご紹介してきましたが、どれも便利に日々大活躍してくれています。もう生活に欠かせない必須アイテム。

脅威の吸水力!「珪藻土バスマット」を購入してみた!^^(動画あり)
こりゃ凄い!「Francfranc(フランフラン)」で見つけた「珪藻土コースター」の吸収力が素晴らしい!^^

という事で、今回も期待ができそうな「珪藻土スプーン Karari」をご紹介してみたいと思います。こちらが外観。シンプルなパッケージに梱包されています。製造企画販売は三重県桑名市の会社「アネスティ株式会社」。

続きを読む

三重県桑名の”はまぐり”を頂いたので「はまぐりの酒蒸し」「焼きはまぐり」を作ってみた!^^

桑名のはまぐり

三重県桑名のはまぐり」は全国的にも有名。とくに「その手は桑名の焼き蛤」洒落で有名なはまぐりの名産地。桑名の浜から沖合いにかけては、木曽三川の淡水と海水がほどよく混じり、貝や海苔・白魚などが豊富に採れる場所。とくに蛤(はまぐり)は「浜の栗」と呼ばれるほど色・艶がよく、ふっくらとした大きな実で、古くから全国的に知られています。

そんな名産地のはまぐりを沢山頂いたので、色々とアレンジして頂いてみました。こちらは本場三重県桑名で創業百年のはまぐり問屋「桑名マルヨシ水産」の桑名産ブランド蛤。今回はシンプルに「はまぐりの酒蒸し」「焼きはまぐり」にて味わってみたいと思います。

こちらがその「桑名のはまぐり」。一つの身がとっても大きい、もちろんまだ生きています。20個以上は入っているでしょうか。桑名のはまぐりって、それこを専門店で食べたなら1個でも結構いいお値段するんです。こんなに一度に沢山頂ける機会はそうそうないので、色んな料理にアレンジしつつ、味わっていきたいと思います。

続きを読む

ビタクラフト(Vita Craft)鍋を使って、超簡単「手羽元と玉子のポン酢煮込み」に挑戦してみた!^^

ビタクラフト(Vita Craft)鍋

鍋にも色んな種類がありますが、こちら「ビタクラフト(Vita Craft)」 の鍋は、科学的に証明された健康調理器具として有名。多くの百貨店などでも取扱されています。「ビタクラフトの無水調理は水に溶け出す野菜の栄養流出を防ぎ、短時間で調理できるので、熱に弱い野菜の栄養損失も防ぎます」とのこと。

先日こちらのビタクラフト(Vita Craft)鍋を頂いたので、こちらを使って前から作ってみたかった超簡単「手羽元と玉子のポン酢煮込み」に挑戦してみることに。

鍋を箱から取り出してみました。新品だけあってキラキラピッカピカ。初めて使用する場合には、お酢2〜3滴と中性洗剤か石鹸をスポンジにつけて洗い落とします。油分が残ったまま火にかけると油が鍋に付着して黄色く変色して取れにくくなるとのこと。

続きを読む

レモンの風味が爽やかなオリーブオイル「リモーネレモンオリーブオイル」を使って「鶏肉とアボカドのレモンオリーブオイル仕立て」を作ってみた!^^

リモーネレモンオリーブオイル

こちらイタリア産オリーブオイル「リモーネレモンオリーブオイル」。蓋を開けただけでレモンの風味が香る、知る人ぞ知る名品。そんなちょっと珍しいオリーブオイルを頂いたので、こちらを使って創作料理を作ってみることに。といっても冷蔵庫にあった「鶏肉ささみ」を使って、簡単にちゃっちゃっと作れるものなんですけどね。

続きを読む

じゃがいもで作られた「カムジャ麺」を使って、「カムジャ麺鍋」を作ってみた!^^

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

2月半ば、まだまだ寒い日が続きますね。そんな寒い日には身体の芯から温まる鍋料理が食べたくなります。先日いつも行くショッピングモールに入っている「KALDI」にて、じゃがいもで作られたという「カムジャ麺」を見つけたので購入。

カムジャ麺とは、日本語で「じゃがいも麺」という意味。麺にじゃがいもでん粉を練り込んで作られています。今回は、こちらのカムジャ麺を使用して、「カムジャ麺鍋」を作ってみたいと思います。

パッケージはこんな感じ。1袋「108円(税込)」とお値打ち。じゃがいもの写真も写っています。

続きを読む

スモークオイルサーディンを使って「オイルサーディンポテトグラタン」お摘みを作ってみた!^^

スモークオイルサーディン

海外輸入食材が豊富で眺めているだけでも楽しい「KALDI」。いつも行くショッピングモールに入っているので定期的に覗いているのですが、「スモークオイルサーディン」が特価(半額)で販売されていたので購入してみることに。

こちらの「スモークオイルサーディン」名称は「燻製いわし油漬け」。原産国はエストニア。容量も290gと結構たっぷりと入っています。定価753 円だとちょっとお高い感じがしますが、これが半額ならばかなりお得感があるのではないでしょうか。こういった瓶詰めは日持ちもするので、SALE時期を狙って購入するのが正解かも。

続きを読む

えんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」を栽培して「豆苗入り玉子焼き」に挑戦!^^

えんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」ってご存知ですか?元々は中華料理の高級食材だったのですが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付いたものが販売されているんです。

・豆苗(とうみょう)

エンドウの若菜。元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもの。β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含む。これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約1.119倍に相当する。その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回る。(Wikipediaより抜粋)

ビタミンなどの栄養も豊富とのこと。スーパーなどで販売されているのですが、こちら一度使った後に、切った根の部分を深めの容器に入れ水につけておくと再収穫ができるとのこと。これは楽しそう!ということで早速試してみることに。

こんな感じにカットした豆苗の根を水につけて、日当たりの良い場所に置いてやります。一日一回水をかえてやるだけと手入れも簡単。ちなみにこちらの豆苗は「岐阜県中津川サラダ農園」で採れたもの。

続きを読む

寒くなってきたので本場四国讃岐 「生さぬきうどん ぶっかけうどん(あつ)」を作って味わってみたよ!^^

生さぬきうどん ぶっかけうどん(あつ)

11月も後半になり、朝晩はだいぶ冷えこんできました。寒くなってくると食べたくなるのが、温かいもの。とくに「うどん」は身体にも優しくて食べやすいので、体調不良の時などにもいいですよね。

先日、本場四国讃岐の「さぬきうどん」をお土産で頂いたので、こちらを使用して「ぶっかけうどん(あつ)」を作ってみることに。こちらは「日の出製麺所」という香川県の会社が作られています。まさに本場の生さぬきうどん。

続きを読む