[今週の気になる] 「Google Home」日本でも発売決定!これが只のスピーカーじゃないのよね!^^

Google_Home

スマートスピーカー「Google Home」が、2017年度中に日本でも発売されることが決定しました。またそれと同時に頭脳ともいえる「Google Assistant」のアップデートも発表されました。

Google Homeって何?これってBluetoothスピーカーじゃないの?って方も多いはず。そんな自分も余り解っていなかったのですが、今回の「Google Assistant」アップデートにて、グッと活用範囲が増えそうなんです。

その大きな要素が「アシスタント機能」。”重要なリアルタイム情報をプッシュ“できるようになるとのこと。つまり、カレンダーの予定、渋滞情報、乗り物情報などをプッシュ通知してくれるようになるらしいんです。その精度はまだわかりませんが、日常的に使えるようになれば、物忘れをかなり減らすことができそう。

また「エンターテイメント機能」も充実するみたい。音楽に関しては、Spotify、SoundCloud、DeezerなどのストリーミングサービスをGoogle Homeで再生できるようになるとのこと。スマートフォンなどのデバイスをGoogle HomeにBluetooth接続して音楽再生もできるとのこと。

またTVとの連携も可能。Chromecastを繋ぐことで、家のTVがGoogle Homeディスプレイに早変わり。天気予報を表示させたり、好みのYouTube動画を探し出すことも可能。

電話としての機能は日本では使えない予定らしいのですが、これも状況によっては変わってくる可能性もゼロではありません。

続きを読む

iOSデータバックアップアプリ「Any Trans」iMobieからお得情報!「2017年新生活スタート応援ギフト券プレゼントキャンペーン」最大40%OFF春の新生活応援セールも開催中!^^

Any Trans 2017年新生活スタート応援ギフト券プレゼントキャンペーン

以前、当方ブログにて”痒い所に手が届くようなiOS管理ソフト”としてご紹介したアプリ「AnyTrans5」。今回こちらの企業「iMobie」社から「2017年新生活スタート応援ギフト券プレゼントキャンペーン」最大40%OFF春の新生活応援セール情報を頂きました。

痒い所に手が届くようなiOS管理ソフト「AnyTrans5」の使い勝手や如何に!

まずはこちら「2017年新生活スタート応援ギフト券プレゼントキャンペーン」。

2017年3月22日(水)ー2017年4月20日(木)

の期間中に、こちらのキャンペーンにご参加いただいた方の中から抽選で、総額50,000円分のAmazonギフト券とiTunesカードをプレゼントしてくれるとのこと。

2017年新生活スタート応援ギフト券プレゼントキャンペーン

上記キャンペーンホームページにてクイズにご参加いただき、ご希望の賞品名をご記入の上Twitterで共有すると、抽選で「Amazonギフト券かiTunesカード」が当たります。応募締切は2017年4月20日正午まで。

これはなかなかの太っ腹企画じゃないでしょうか。

続きを読む

[今週の気になる] Google Chrome iOS バージョン57アップデートにて、後で読むための「リーディングリスト」作成が可能になった!^^

Google Chrome リーディングリスト

Google Chrome」もうこのWebブラウザがないと仕事にならない、という方も多いことでしょう。そんな自分も随分前からGoogle Chromeを愛用しています。

Google Chromeならば、Mac,Windows,iOS,Android などのデバイスの違いに関係なく、一瞬でブラウザ情報を同期してくれるので、インターネットを利用して仕事をしている方ならば、もう必須アイテムと言ってもいいでしょう。

そんな超便利なGoogle Chromeですが、先日iOS バージョン57アップデートにて、後で読むための「リーディングリスト」作成が可能になりました。これまでにも「Pocket」など、後で読む系アプリは色々ありましたが、ブラウザ上でそのまま直ぐに保存可能というのは、やはり一番手軽で便利。

早速、Google Chrome iOSアプリをアップデート

続きを読む

仕事部屋用にコンパクトで見た目も愛らしい無線LANルーター「BUFFALO WCR-1166DS」を導入してみた!開封&設置編〜

無線LANルーター BUFFALO WCR-1166DS

仕事にもプライベートにも欠かせないのがインターネット。仕事部屋での回線は光フレッツ(マンションタイプ)を利用しているのですが、前回購入したルーターが2012年ということで「11ac」には対応していなかったんですよね。iPhone含め、11ac対応の機器も増えてきたので、新しい無線LANルーターを探してみることに。

「BUFFALO WHR-G301N/N」無線LANルーター新調の巻〜

そうしたところ、コンパクトで見た目も愛らしい無線LANルーター「BUFFALO WCR-1166DS」を見つけたので購入してみることに。お値段も「3,250円(現時点)」とお値打ち価格ながら、評判も良さげ。コンパクトな見た目も気に入りました。

こちらが外箱外観。「11ac/n/a/g/b対応」「866+300Mbps」とのこと。推奨の利用環境「戸建2階建」「マンション1R〜2LDK」「端末6台」「人数2人」とあります。基本的には「ワンルーム(リビング12畳辺りまで)」「2DK」での使用を想定しているみたい。戸建2階建で部屋数が多い場合には、こちらの機種で全室カバーは厳しいと思います。

続きを読む

痒い所に手が届くようなiOS管理ソフト「AnyTrans5」アップデートにてiOS10.1に完全対応!3つのカラフルなテーマも導入されたよ〜

AnyTrans5

先日ご紹介したこちらのiOS管理ソフト「AnyTrans5」ですが、この度「AnyTrans5.2.0」にアップデートされ、iOS10.1にも完全対応。また3つのカラフルなテーマも新しく導入されたので、あらためてご紹介してみたいと思います。

痒い所に手が届くようなiOS管理ソフト「AnyTrans5」の使い勝手や如何に!^^

特定のメッセージや写真だけを個別にバックアップして取り出せるので、ほんと便利。クラウド環境も昔と較べると随分と良くなってきましたが、それでもまだ容量やスピードに制限があったりします。こちらのソフト「AnyTrans5」は、とにかく転送スピードが速いので、バックアップ作業も快適なんですよね。

こちらがアプリのトップ画面。各ショートカットを選択することで、色んな操作が可能。AnyTrans5.2.0アップデートにてiOS10.1にも完全対応。この辺りの素早い対応は嬉しいですね。

ちなみにAnyTransサイトから新規にダウンロードすれば、AnyTrans5.2.0バージョンが入手出来ます。(過去バージョンをご使用の場合には、上書き保存すればそのまま新規バージョンになります)

続きを読む

痒い所に手が届くようなiOS管理ソフト「AnyTrans5」の使い勝手や如何に!^^

AnyTrans5

先日「iPhone7/7Plus」などの新端末も発売され、巷でも新たなぎわいを見せているiPhone。新しいiPhoneに買い替えた方もきっとみえることでしょう。新しく端末を買い替えた時に必要なのが、前端末のバックアップと新しい端末へのリストア(復元)。

通常はiTunesを使用して行うのですが、色んな音楽データなどが入っていたりすると、結構重たい作業になりがち。また写真などはiPhotoへと別途インストールとなるので、これまた容量が多いと結構大変なんです。またiTunesのバックアップでは、特定のメッセージや写真だけを個別にバックアップしたり出来ないんですよね。

そんな時に日頃からiOSデータのバックアップなどが手軽にてきる管理ソフトが1つあると便利。ということで今回ご紹介したいのがこちらのiOS管理ソフト「AnyTrans5」。「本当の最高級iPhoneマネージャー」とのタイトル通り、痒い所に手が届くような色んな機能を備えています。

まずはこちら「AnyTrans5」のサイトから無料アプリをダウンロード。WindowsとMacどちらにも対応しています。無料アプリにて1週間ほどのお試しができます。(転送ファイル数限定)気に入ったならば、ライセンスを購入することで「生涯使用可能」「永久無料サポート」「永久無償アップグレード」など無制限にて使用することが出来るようになります。(個人3,999円/家庭5,999円/ビジネス10,980円)

(こちらは iMobieよりサンプルとしてご提供頂いたソフトです。当ブログでは良い点いまいちな点合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いています。)

続きを読む

[今週の気になる] Amazon、2.000円以下の注文に配送料350円が必要に!でもプライム会員ならそのまま無料!^^

今週、Amazonの配送料金の改定がありました。もうすでにネット上では大きく取り上げられているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。Amazon愛用者の自分としては、最初にこの記事を目にした時に「えーっ!」と思ったのですが、すぐに一安心。そう、

Amazonプライム会員ならば、これまで同様に配送料無料!

なのです。

続きを読む

[今週の気になる] Amazonプライムフォト始動!全デバイス写真をMacと自動同期させる方法〜

怒涛の如く新サービスをスタートさせてきているAmazonプライム会員向けのサービスから「プライムフォト」が開始されましたね。このところAmazonプライム関連のネタが多くなっていますが、本当に色々と気になるサービスが目白押しなので、これはもう仕方ないです。プライムフォトは海外ではすでに始まっていたので「日本でも始まるといいな」とは思っていたのですが、思ったよりも早く開始してくれました。

もちろん年会費3,900円を支払った「Amazonプライム会員」ならば、他のサービス同様に追加料金なしで利用出来ます。このサービスの目玉は何といっても

容量無制限で画像保存可能!しかも画像圧縮なし無劣化で保存可能。
(JPEGだけでなくRAW画像も)

というところです。これまでも「Googleフォト」など無制限で画像保存ができるクラウドサービスはありましたが、無劣化でRAW画像までもそのまま保存できるというサービスは初めてだと思います。ちなみに「動画は無制限ではない」ので、この辺は注意が必要です。

という事で自分が主に使用しているデバイスの写真を全て「プライムフォト」へとクラウド保存させてMacと自動同期させてみました。

・iOS iPhone6s

まずはiOSのiPhone6sから試してみることにします。アプリ「Amazon Photos」をダウンロード。左上の「三本線」をクリックすると、こんな感じにカテゴリー一覧が出てきます。

続きを読む

[今週の気になる] One Driveの容量が大幅に縮小されるらしい〜

One Drive」マイクロソフトが提供しているクラウドサービス。Windows10ではWindowsの中に「One Drive」というフォルダもあり、Windowsユーザーでは利用している人も多いはず。そんな自分もWindowsノートパソコン、Windowsタブレットにて愛用しております。MacとWindowsとのファイルのやり取りには、クラウドを利用するのが一番便利なんですよね。

そんな中、先日11月4日に突然こちらのニュースが発表されました。(PC Watch)
Office 365に付随するOneDriveの容量が無制限から1TBに~無料枠も15GBから5GBに縮小

Microsoftでは「バックアップではなく生産性向上のツールとしてOneDriveを使って貰いたい」という意向があり、このため容量無制限制を撤廃したという。1TBの容量制限は10月2日より適用されている。既に1TB以上利用しているユーザーに関しては、11月2日より1年間はフルアクセスが可能。それ以降は読み出しCのみ可能で、期間は6カ月間。さらに容量オーバーしたまま6カ月が経過するとアカウントがロックされ、さらに12カ月が過ぎるとコンテンツが完全消去される。

一方、無料でOneDriveを利用しているユーザーに関しても、2016年始め頃に容量が15GBから5GBに減らされる。使用容量を超えているユーザーについては通知が行なわれ、90日間の読み書き可能な猶予が与えられる。それ以降は読み出しと消去のみ可能となり、何も行動を取らなかった場合、9カ月目にはアカウントが凍結される。そして12カ月目にはデータが完全消去されることになる。(PC Watchサイト記事より抜粋)

とのこと。しかもその理由が「OneDriveを利用する少数のユーザーが、ムービーコレクションやDVR録画をアップロードし、1人で一般ユーザーの14,000倍にも上る75TBものストレージを専有していることが明らかとなったから」というもの。

まぁ「容量無制限制を撤廃」というのはマイクロソフトの言い分も判らない訳ではないのですが、無料ユーザーの容量削減は余りにも唐突過ぎる気がしますね。しかも昨今はWindows10無償アップデートやOfficeも色んな端末で使えるようになったりして「最近のマイクロソフト太っ腹じゃないの!」というイメージが付いてきていただけに、この唐突な仕様変更にはちょっとした違和感を感じてしまいます。

続きを読む