iPhone X がやってきた!開封の儀から初期設定、1週間使用してみた使用感まで〜

iPhone X

11/3日ついに待望の「iPhone X」が発売になりましたね。自分は10/27日にSoftbankオンラインにて予約したのですが、11/4日何とか無事に手元に届きました。(3日は都合が悪かったので4日着で配送)

[今週の気になる] iPhone X ついに予約開始!発売日は11/3日(金)果たして自分の手元には届くのか!?

ということでそれから1週間余り使用してみたので、開封の儀から初期設定、1週間使用してみた使用感までを書いていきたいと思います。

こちらが「iPhone X シルバー 64GB」外箱。相変わらず外箱から美しい。

スポンサーリンク

iPhone X

蓋を開けると冊子がお目見え。その下にはiPhone Xのお姿。この瞬間いつもドキドキ。

iPhone X

iPhone X本体の下には各種付属品「EarPods with Lightning Connector」「Lightning 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ / USBケーブル」「USB電源アダプタ」「マニュアル」が入っています。この辺は例年と変わりない様子。

iPhone X

こちらがiPhone X シルバー 64GB本体。ビニールも剥がしています。何ともいえない美しさ、しかも縦長。

iPhone X

ピカピカに輝く高級感あるステンレススチール製フレーム。直接手に触れるのがもったいないくらい。中央には「Lightningコネクタ」両サイドには「内蔵マイク」「内蔵ステレオスピーカー」を配置。スピーカーの音も良くなっているらしいので、こちらも期待大。

iPhone X

右サイドには「サイドボタン(上)」「SIMスロット(下)」を配置。iPhone Xからホームボタンが無くなったので、ボタンの操作性もかなり変わったみたい。

iPhone X

左サイドには上から「サウンドオン/オフスイッチ」「音量を上げる/下げる」ボタンを配置。ちなみに他の簡単なボタン操作方法を書いておくと、

・電源オン → サイドボタン長押し
・電源オフ → サイドボタン+音量ボタン長押し(上下どちらでも)
・スクリーンショット → サイドボタン+音量ボタン上一度押し
・Apple Pay起動 → サイドボタン二度押し
・iPhone X強制再起動 → 音量ボタン上一度押し+音量ボタン下一度押し+電源ボタン長押し

長年ホームボタンを使用していた身としては、ちょっと慣れが必要かも。

iPhone X

こちらが背面。シルバーモデルですが、背面カラーはホワイトに近いミルク色という感じ。全面ガラスで覆われているので、どの角度から見ても美しい。ルックス的には、ここ数年のiPhoneの中では断トツの出来栄え。

iPhone X

こちらがカメラ部分。やはり結構出っ張っています。ここだけが唯一惜しいところ。でもカメラ機能がかなり良くなっているみたいなので、その点を考慮したら仕方ないかな。

iPhone X

iPhone6sとiPhone Xを並べてみたところ。6sよりはやはり一回り大きい印象。

iPhone X

iPhone6sとiPhone Xを重ねてみました。全体的に一回り大きいですが、この位のサイズ感ならば、6sから移行してもさほど違和感なく使えそう。

iPhone X

それではiPhone6sに入っていた「SIM」をiPhone Xに入れ替えて、アクティベートしていくことにしましょう。

iPhone X

iPhone XにSIMを差し込んで電源を入れ、日本語表示に切り替えると「クイックスタート」という画面が出てきました。iOS11の入っているiPhone,iPadがあれば、自動的にサインインしてくれるみたい。

iPhone X

するとこうした画面になるので、このイメージを6s内に出てきた枠内に入れてみます。そうすると、それだけでサインインからWi-Fi接続まで自動的に完了してしまいました。いやいや素晴らしい。

iPhone X

次に「Face ID」も設定してみます。開始を押すと丸い枠が出てくるので、そのままクルッと首を回してやるだけ。それを二回続けただけでFace ID設定完了。思っていた以上に簡単でびっくり。

iPhone X

はい、iPhone Xが立ち上がりました。まずは新規iPhone Xとして立ち上げてみることに。というのも6sを最新のiOSにしていたので、iPhone Xの方を最新OSにアップデートしなければ復元できないんですよね。それにしても液晶画面の美しいこと。さすがOLEDスクリーン(有機ELディスプレイ)だけのことはあります。

iPhone X

それではMacBookに繋いで、iTunes経由で6sバックアップから復元しますか。ちなみに前モデルのバックアップを取る時には「暗号化するにチェック」を入れることをお忘れなく。(そうしないと全てのパスワードを入れ直す羽目になります)

iPhone X

復元も無事に完了し(10分ほどでしょうか)ちなみに各アプリのインストールは、立ち上がった後からWi-fi経由で始まります。簡単な操作方法の説明もしてくれます。

iPhone X

iPhone Xの復元も無事に完了、6sのデータを完全に引き継ぐことができました。各アプリのインストール時間はデータ量によって異なりますが、インストール中もiPhone Xを触れるのは嬉しいところ。

iPhone X


・iPhone X 1週間使用してみた使用感など〜良いところ、今一歩なところ〜


まずは「良いところ」から…

・とにかく液晶画面が綺麗〜

まず液晶画面の綺麗さ繊細さに驚きました。5.8インチ(対角)OLEDスクリーン(有機ELディスプレイ)を使用しているので、さぞ綺麗だろうとは思っていましたが、実物はその想像をさらに上回っていた感じ。

・何をするにもサクサクで快適〜

「64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ」を搭載しているiPhone X。まさしく最強のiPhoneというべく、何をするにもサクサクで快適。アプリを幾つも同時に立ち上げていても、もたつくことがありません。(メモリー3GB)容量多め重めのゲームもサクサク快適に動きました。(VALKYRIE ANATOMIA ヴァルキリーアナトミアとか)

・内蔵ステレオスピーカーの音がいい

6sからの買い替えなので余計に感じるのかもしれませんが、内蔵ステレオスピーカーの音がかなり良くなった気がします。奥行きと広がりのある音なので、ゲームなど遊んだ時の臨場感が素晴らしい。

iPhone X
(画像はiPhone Xで撮影、リサイズだけしたもの)

・カメラ機能向上が素晴らしい〜

6sからの変更なのでより違いが鮮明なのかもしれませんが、カメラの画質がかなり鮮明になっています。こちらは「ポートレートモード」で撮影したカメラ画像ですが、生麦酒を中心にして綺麗に背景がボケています。ほとんど一眼レフ並といってもいいかも。ただしポートレートモードで撮影するには、ある程度の距離が必要(近すぎるともう少し離れて下さいと指示)なので注意が必要です。

iPhone X
(画像はiPhone Xで撮影、リサイズだけしたもの)

こちらはiPhone Xで夜の回転寿司店を撮影したもの。6sは夜間や暗い場所での撮影はかなり弱い印象だったのですが、iPhone Xは夜でもくっきりはっきりとした画像が撮れています。店内での撮影などは薄暗いことも多いので、これは嬉しい進化。

iPhone X

次は「今一歩なところ」から…

・ホームボタンの廃止で操作性がかなり変わった〜

これは今一歩とは違うかもしれませんが、操作性がかなり変わったことで戸惑う方が多いかも。1週間使ってきてやっと慣れてきた感じ。3Gからずっとホームボタンを使ってきているので、身体が覚えているんです。

とくに左右のボタン操作は、同時押しも多いのでやり難い印象。それを解決してくれるのが、こちらの「Assistive Touch」ボタン。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」

からオンにすることで、こちら画像の簡易ホームボタンを液晶上に表示できます。こちらボタンを長押しすることで配置位置変更も可能。またこちらメニュー内容をカスタマイズすることもできます。(この後スクリーンショットも配置しました)このAssistive Touchを上手に利用することで、少しは利便性が上がるかも。

iPhone X

・Face ID は便利だけれど…

パッと画面を見るだけで、ロック解除、認証、支払いができるようになるFace ID。まさにこれぞ近未来ではあるのですが、まだ完璧とは言えないかも。顔の認証速度はなかなか速くて快適。サングラス越しでもちゃんと認識してくれました。(半透明タイプを使用、眼球が見えない真っ黒タイプでは難しそう)

iPhone Xの待受画面を見るだけで、瞬時にロックが外れる(上部鍵マーク)のはいいのですが、そこからホーム画面へと行くには待受け画面下を上にスワイプしてやる必要があるんです。

Touch IDの時には指を乗せるだけでホーム画面へと移動したので、ワンクッション動作が多くなったという印象。これが地味にストレスになってきます。また画面に顔を向ける必要があるので、それなりに正面から見てやる必要があります。セキュリティ的には安全性がかなり上がったかと思いますが、操作性という意味ではもう一工夫欲しいところ。

iPhone X

・アプリの強制終了方法が判りにくい…

アプリの強制終了方法がかなり判りにくいんですよね。

下からスワイプ真ん中で止める → アプリ一覧表示 → アプリを長押し → 赤ーボタンを押す

この操作でアプリの強制終了が可能になります。こんな判りにくい仕様にしたということは、基本アプリの強制終了はしない方がよい、というAppleの判断なのでしょう。iPhone Xでは常時使用するアプリは立ち上げたまま利用した方が良さそうです。

ということで長々と書いてきましたが、結論としてはやはり現時点で最高のiPhoneであることは間違いありません。とくにカメラの進化が素晴らしく、これから色々と試し撮りをするのが楽しみ。

iPhone Xまたしばらく使用してみてから、気がついたことなどあれば綴っていきたいと思っています。(^_^)v

Apple iPhone X


コメントは受け付けていません。