無印良品で見つけた極細ボールペン「アルミ極細ボールペン 0.5mm」シャツポケットにも入るサイズ感が素晴らしい!^^

無印良品 アルミ極細ボールペン 0.5mm

色々なアイテムが揃っていて、眺めているだけでも楽しいのが「無印良品」。小物雑貨、文房具、衣類、食べ物まで揃っているので、身の回りを見てみても、無印の商品って結構あります。

そしていつもついつい立ち止まって見てしまうのが「文房具」コーナー。オリジナル商品も多く、試し書きなども出来るので、見て回るだけでも楽しいんです。

そんな中見つけたのが、こちらの「アルミ極細ボールペン 0.5mm」。定価500円なのですが、セール価格30%OFFの350円になっていたので購入してみました。昔からあったのかもしれないですが、見逃していたみたい。

とっても細くて小さいので、こんな感じの丸い専用ケースに入って売られています。

スポンサーリンク

こちらが中身の極細ボールペン「アルミ極細ボールペン 0.5mm」。油性・黒色・0.5mmのボールペン。サイズも「全長9cm × 幅3mm」と極小。アルミ製なので重量「3g」と持っているのも忘れるほどの軽さ。

iPhone6sとサイズ比較してみるとこんな感じ。ほんと小さい。

もちろんこのままでは使えないのですが、そこは無印良品らしいギミックが満載。先端部分を引っ張ると、この様に2つに分かれます。

あとはボールペン先を前にして、そのまま元鞘に入れてやるだけ。黒2本ラインが滑り止めの役割になっているので、振っても抜けてしまうようなこともありません。よく考えられていますね。

ボールペン先はこんな感じ。0.5mmのペン先なので、極細文字が書けます。

こちらが後ろ側。シャツやジャケットなどのポケットにも挟むことができるように、クリップが付いています。ボールペン先をインにしておけば、ポケットの内側が汚れてしまうこともありません。

愛用のメモ帳「RHODIA」と合わせてもこのサイズ感。

それでは試し書きをしてみましょう。くっきりと滑らかに書くことができます。ペン先0.5mmと極細なので、細かい手帳などにも書きやすそう。ただしボールペン幅3mmと極細なので、決して持ちやすいとはいえません。その点は機能性との兼ね合いなので仕方のないところ。

ペン先側の後ろ側(黒2本線)を回すことで、こうしてボールペンの中身を取り出すことが可能。こちら専用のボールペン替芯も売っているようなので、インクが切れたなら中身だけ買い換えることもできます。

無印良品、極細ボールペン「アルミ極細ボールペン 0.5mm」文房具好きなのに、このボールペンは見逃していました。メモ帳や手帳の専用ペンとして使うには、とにかくかさばらないので最適。

ちゃんとした原稿書きをする時には別物を、メモ書き専用として持ち歩くにはこちらを、という使い分けが良さそう。早速、愛用の鞄に忍ばせておきたいと思います。(^_^)v

無印良品



コメントは受け付けていません。