iPhone6s(Softbank)SIMロック解除をしてから、MVNO「mineo(マイネオ)」へと通信環境を乗り換えてみた!^^

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

先日iPhoneの最新機種「iPhone8(Plus)」が発売され、スマートフォンを新しく買い換えたという方も多いことでしょう。また今月末には「iPhone X」の発売もひかえています。

そんな自分も家族がiPhone8へと買い替えたことで、手元にはiPhone6s(Softbank)が残りました。丁寧に使っていたので見た目もとても綺麗、その上もう少しで支払いも完了する予定なので(2年払い)、そうしたら業者かオークションで販売しようかなと思っています。

その時に必須なのが「SIMロック解除」。Softbankキャリア端末は、そのままでは他の通信会社のSIMは使えません。Softbankの規約を見てみますと、

「2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(Softbankシステムにて記録されている販売日等)より101日目以降に可能」

とありますので、SIMロック解除可能。ということでSIMロック解除を試した後に、MVNO「mineo(マイネオ)」へと乗り換えてみることに。ちなみにソフトバンクショップでお願いすると「SIMロック解除手数料 3,000円」必要ですが、My Softbankから自分でおこなえば手数料は必要ありません。(今回は自分で試してみることに)

こちらが「mineo(マイネオ)」Dプランエントリーパッケージ。Dプランはドコモ回線を使用したタイプ。ドコモ回線ならば「テザリング可能」なのでこちらで申込むことに。

ちなみに通常は「契約手数料3,000円」が必要となりますが、こうしたエントリーパッケージを利用すれば、かなりお安く入手可能。詳しい「ご利用ガイド」も付いてきます。

スポンサーリンク

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

SIMはこんな感じにパッケージされています。iPhone6sの場合には「nano-SIM」となりますので、予め使用予定のSIMサイズチェックをお忘れなく。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除


・iPhone6s(Softbank)SIMロック解除をする〜


まずは最初にiPhone6s(Softbank)のSIMロック解除を試してみることに。My Softbankへとログインすると左下に「SIMロック解除手続き」という項目があるので、こちらをクリック。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

下の方に「製造番号(IMEI番号)の入力」という欄があるので、こちらにiPhone6sのIMEI番号を入力します。ちなみにIMEI番号の確認方法は「設定 → 一般 → 情報」にて確認することができますので、予めメモをしておくといいでしょう。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

次へをクリックすると「手続き確認」へと切り替わりますので、こちらでよろしければ「解除手続きする」をクリックします。Softbank SIMロック解除には、新しく利用する予定のSIMカードが必要となりますので、その点は注意が必要です。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除


・MVNO「mineo(マイネオ)」SIMを試す〜


iPhone6sの電源を切り、SIMピンでトレイを開けます。こちらに先のnano-SIMを挿入、その際nano-SIMの向きにご注意を。あとはカチッとなるまでSIMトレイを閉めてやればOK。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

iPhone6sの電源をつけると「アクティベーションが必要です」との表示が出るので、そのまましばらく待ちます。(1,2分ほど)

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

Apple IDなど簡単な設定をした後に、無事にホーム画面が立ち上がりました。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

画面左端を見てみると、ちゃんと「docomoマーク」が見えます。ちなみに新しい番号へと電話したら、ちゃんと着信されました。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

しかしながらこれで終わりではありません。Wi-Fi設定をしたのでインターネットには繋がっていますが、このままでは4G回線には繋がりません。(3G回線には繋がりましたが)

エントリーパッケージに入っていた「ご利用ガイド」に掲載されているアドレス(URL)から上記の「mineoドコモプラン プロファイル」をダウンロード&インストールしてやることで、4G通信が可能になります。これを忘れるといつまで経っても3Gのままなので、注意しましょう。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

またiPhone6sからモバイル通信の設定を切り替えてやることも必要。(端末の使用環境にもよりますが)

設定 → モバイルデータ通信 → 通信のオプション → 音声通話とデータ(またはデータ通信のみ)

これで4G通信でのインターネット利用が可能になりました。

MVNO「mineo(マイネオ)」SIMロック解除

それでは最後に定例のスピードテストをしてみましょう。アプリ「SPEEDTEST」をインストールして測定開始。

週末土曜日午前中計測(名古屋市内)
ダウンロード / 20.69Mbps
アップロード / 3.28Mbps

という計測結果になりました。まずまずの数値が出ている模様。しかしながら夜の18時頃に計測した時には「ダウンロード / 1Mbps前後」だったりもしたので、時間帯によってかなりのばらつきがあるみたい。まぁこの辺は他のMVNOも似たり寄ったりなので、仕方ないところでしょうか。

Softbank SIMロック解除から新しいSIM「mineo(マイネオ)」へと通信環境を乗り換えてみましたが、いかがだったでしょうか。最初はすんなりいくかと思っていたのですが、3Gでしか通信が出来なかった時には、ちょっと焦りました。

SIM交換後「モバイル通信の設定も切り替える」というのが、自分にとっての最重要ポイントかも。SIMロック解除はメリットしかないので、SIMロック解除可能な端末をお持ちの方は、ぜひお試しあれ。(^_^)v

mineo(マイネオ)



コメントは受け付けていません。