iPhone8 Gold 64GB が我が家にやってきた!開封の儀からその後の使用感まで〜

iPhone8 Gold 64GB

毎年この時期になると巷をにぎわすのが「iPhone」の新製品。今年は「iPhone X」「iPhone8」「iPhone8 Plus」と3機種の登場で、またまたiPhoneユーザーの物欲を刺激してくれました。

iPhone8(Plus)はすでに販売開始となっており、すでに手にされている方も多いことでしょう。自分はといえば、3Gより2年おき(3Gのみ3年使用)に買い替えてきました。今年は買い替え年にあたるのですが、まずは家族用に購入した「iPhone8 Gold 64GB」が届いたので、開封の儀から1週間弱使ってみた使用感までお届けしてみたいと思います。

外箱はこんな感じ。相変わらずパッケージが美しいこと。

スポンサーリンク

iPhone8 Gold 64GB

オープン!いつもの書類の下から「iPhone8 Gold 64GB」がお目見え。パット見はこれまで使用してきたiPhone6sと変わりない雰囲気。

iPhone8 Gold 64GB

こちらが内容物。いつもの書類類やAppleシール、SIMピンなど。今回初めて店頭受取りではなく、家宅配を選択してみました。iPhone受取りの為だけに毎回店舗まで足を運ぶのも面倒ですしね。その場合、自分での「アクティベート」が必要となります。(後から解説します)

iPhone8 Gold 64GB

「EarPods with Lightning Connector」「Lightning-3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」「Lightning-USBケーブル」「USB電源アダプタ」。iPhone7からはイヤホンジャックが無くなったので、こちらヘッドフォンジャックアダプタも付いてくるみたい。

iPhone8 Gold 64GB

「iPhone8 Gold 64GB」本体。ほんと正面から見たら、iPhone6sと変わりない感じ。サイドはゴールドカラー、高級感を醸し出しています。

iPhone8 Gold 64GB

こちらが背面。この背面カラーがなかなか絶妙な色合いで、なんともいえず美しい。色でいうと「ミルキィーゴールド」とでもいうんでしょうか。ミルク&ゴールド&ピンクを混ぜ合わせたような色合い。光の加減によって、色んな表情を見せてくれます。

iPhone8 Gold 64GB

カメラトップ部分はこんな感じ。カメラはやはり出っ張っています。(これはもう仕方ないのかな)背面がガラス仕様になったことで、6S,7まであったラインが無くなりとても美しい仕上がりに。この形状のiPhoneとしては、”8で完成形になった”といってもよさそう。

iPhone8 Gold 64GB

下方から見るとこんな感じ。「内蔵ステレオスピーカー」になったことで、iPhone6sと較べると格段にスピーカーからの音がよくなりました。とくに高音の抜けがいい感じ。

iPhone8 Gold 64GB

右サイドから見るとこんな感じ。右サイドには「サイドボタン」と「SIMスロット」があります。

iPhone8 Gold 64GB

左サイドから見るとこんな感じ。左サイドには、上から「サウンドオン/オフスイッチ」「音量ボタン 上げる/下げる」があります。この辺りの仕様はこれまでと変わりありません。

iPhone8 Gold 64GB

iPhone6sとiPhone8を並べて較べてみました。手前がiPhone8ですが、パット見はほぼ同じ雰囲気。またiPhone8は7ともほとんど同じ形状なので、7の方はそのままケースも使用できるみたい。これは何気に嬉しいですね。(6sとはカメラの形状とか異なるので、ケースは別途探す予定)

iPhone8 Gold 64GB

さて、それではSIMスロットを付属のピンで開けて(ピンをぐっと差し込むだけ)、SIMカードを入れてみるとしますか。iPhone5以上の機種を利用してきた方は「NanoSIM」になります。そのまま同じキャリアを利用する方は、これまで使ってきたSIMを旧機種から取り出して、こちらに入れ替えてやるだけでOK。(自分の場合には、softbank 6s → 8 に差し替えます)

iPhone8 Gold 64GB

電源を長押しすると、すぐに画面が立ち上がり「Hallo(Hello)」の文字が。

iPhone8 Gold 64GB

その後、言語地域設定やWi-fi設定をしてやると、このような画面になります。「iPhoneのアクティベートには数分かかることがあります。」との表示が出ますので、そのまま数分待ちましょう。(1,2分ほどでしょうか)

iPhone8 Gold 64GB

iTunesに接続」という画面に切り替わりました。Lightningケーブルを使って、バックアップをとってあるPC(MacBook)へとiPhone8を繋ぎます。

iPhone8 Gold 64GB

iTunesを立ち上げたモニターを見て見ると「新しいiPhoneへようこそ」の文字が。そのまますぐにバックアップをとる場合には「このバックアップから復元」を選択。今回は初期画面を見てみたかたったので、新しいiPhoneとして設定することに。

iPhone8 Gold 64GB

しばらく待つと、こんな感じに無事にiPhone8画面が立ち上がりました。背面だけではなく、液晶も美しい。

最初の設定の時に「Apple二段階認証(2ファクタ認証)」をしている場合には、一手間が必要。新しいデバイスに初めてサインインするときは、2 種類の情報「パスワード」「6 桁の確認コード」の認証が必要となります。詳しい解説は下記Appleサイトにてご確認下さい。

Apple ID の 2 ファクタ認証


・とにかく速くてサクサク動く


iPhone8には「64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ」というチップが入っているらしいのですが、これがめちゃ動作が快適で何をするにもサクサク動きます。6sでもそれ程遅くて使えないということもなかったのですが、一度8を使いだしたらもう戻れませんね、やはり速いは正義。

iPhone8 Gold 64GB


・カメラ機能が素晴らしい


iPhoneといえば、多くの方が一番使うのがカメラ(ビデオ)機能ではないでしょうか。このカメラ機能が8はかなりいいらしいんです。「12MPカメラ」「ƒ/1.8の開口部」「最大5倍のデジタルズーム」ということで、簡単に撮った写真画像を見てみただけでも、6sよりかなり明るく鮮明で綺麗になっているのがわかります。(上記画像=サイズ以外は加工編集などしていないiPhone8元画像)

ƒ/1.8というのは、その辺のコンデジもかなわないレベル。iPhone8 Plus,Xは相対的にもっと上をいくらしいので、これはXも期待できそう。


・内蔵ステレオスピーカーの音が良くなった


これは6sからの機種変更ということでより感じるのかもしれませんが、音がかなり良くなった印象。(これまでが駄目過ぎたともいえますが)このレベルならばそのままミュージックビデオなどを見ても遜色なく見れそう。(あくまでも6sと較べてということで、もの凄くいいとはいえないので悪しからず)


・完成されたデザインの美しさ(ワイヤレス給電Qi[チー]も可能に)


6,6s,7と似た感じのデザインを採用してきたiPhoneですが、8になって背面ガラスにしたことで、とても美しいデザインとなりました。iPhoneデザインの完成形、といってもいいのではないでしょうか。

ただしその美しさとは裏腹に、ガラスゆえの脆さも。落下や衝撃にはこれまで以上に弱いと思うので、保護ケース利用が必須ですね。

またガラス背面になったことで、ワイヤレス給電「Qi(チー)」に対応しました。でもこちら専用機器が別売りなのと、Lightningケーブル接続に較べると充電完了までに時間がかかるというネックも。(おおよそ1,5倍くらいかかるらしい)

まだ1週間弱使用しただけなのでこのくらいの感想しか言えないのですが、満足度はかなり高いです。たしかにiPhone8(Plus,X)はお高いのですが、”所有欲を満たしてくれる”"満足度が高い”という意味合いでは、色々な場面にて大きなインセンティブ(刺激・動機づけ)になってくれるのではないかと思っています。

iPhone8またしばらく使用してみてから、その後の使用感なども綴っていきたいと思います。(^_^)v

Apple iPhone8(Plus)



コメントは受け付けていません。