個室完備!1本39円の朝挽き鶏つくねが味わえる居酒屋「NIWAKAYA 0831(にわか家)」にて、またまた様々な創作料理を味わってきた!^^

居酒屋「NIWAKAYA 0831(にわか家)」

地元駅近くにありながら、なかなかお邪魔する機会がなかったお店「和風パル NIWAKAYA 0831(にわか家)」。先日お邪魔したところ、料理も雰囲気もとても良かったので、またまた再来店してきました。

お店は大曽根駅(名古屋)からすぐ、五差路角から少し入ったところ。「名古屋市北区山田1-4-26 カーディナル真野ビル1F / 050-5841-2242」。地下鉄大曽根駅5番出口から徒歩30秒と(信号渡ってすぐ)とても便利な場所にあります。

お店の外観はこんな感じ。入り口はビルのちょっと奥まったところにあります。外の看板が目立つので、すぐにわかるはず。夜はこんな感じにライトップされています。

スポンサーリンク

まずはこれこれ「生麦酒」で、かんぱーい!「お通し(300円)」として「キャベツ&じゃがいも」が付いてきます。店内の雰囲気やメニューなどは、前回のコラムからどうぞ。

1本39円という朝挽き鶏つくねが味わえる個室完備の居酒屋「NIWAKAYA 0831(にわか家)」にて、和洋折衷で個性豊かな創作料理を堪能!^^

今回は、前回注文しなかった料理を中心に味わってみることに。まずこちらが「多品目野菜のバーニャカウダー」。季節の野菜や珍しい野菜を自家製のバーニャソース&ピリ辛味噌で頂きます。バーニャソースが濃厚で旨味が凄い!新鮮野菜の甘みを引き出してくれます。他の具材と合わせても美味しかったです。

こちらが前回も頂いた「朝挽き鶏つくね」。これは外せないですよね。これが1本39円?って驚きのちゃんとした手作りつくね。地元農家直送野菜と新鮮な鶏を使った手作りの味とのこと。甘辛いタレとつくねの程良い歯応えが絶妙。これが1本39円とは!絶対頼むべき一品。(1人2本まで)

こちらが「生麩の揚げ出し豆腐」。柔らかい生麩が、揚げ出し豆腐風にたっぷりの出汁で煮込まれています。大根おろしでさっぱり頂きます。もちもちふんわりな食感、噛む度にじわっと旨味が染み出してきます。

こちらが「若鶏の唐揚げ ユーリンチーソース」。カラッと揚げられた若鶏を、酸味の効いたアジアンソース”ユーリンチーソース”で頂きます。若鶏表面はカリッ、でも中はジューシー。ユーリンチーソースの独特な風味と酸味が、食欲を掻き立ててくれます。

そろそろこちら「大人のビターサワー」にしますか。こちらにはちゃんと生のレモンが入っているのも嬉しいところ。

こちらが「本日の茄子で肉味噌田楽」。ボリューム感のある茄子を使った肉味噌田楽。肉味噌も茄子が見えないほどに、たっぷりとかかっています。スキレット料理なので、熱々のまま頂けます。甘めの味噌だれとホクホク茄子の愛称抜群。これはご飯が欲しくなりますね。

こちらが「アボカドと山芋のとろとろチーズ月見焼き」。とろろにモッツァレラチーズを混ぜ込んでオーブン焼きにしたもの。黄身を混ぜ合わせて頂くと、口の中で全部がとろけて混ざり合い、まったり感いっぱいの幸せな気分に浸れます。

それではそろそろ締め料理といきましょうか。こちらが「手巻きおにぎり いくら」。まん丸の手巻きおにぎりの上に、いくらが乗っかっています。見た目も綺麗で女子にもうけそう。これが美味しくないはずがありません。

こちらが「手巻きおにぎり 梅しらす」。こちらもまたいい表情。しらすとおにぎりのキャンパスのようで、見た目も楽しませてくれます。梅としらすのおにぎり、いうまでもなく最高の取り合わせ。

こちらが本日ラストオーダーとして注文した「こぼれイクラと自家製スモークサーモンの和風クリームパスタ」。きしめん風幅広パスタ麺”フィットチーネ”を使い、たっぷりのクリームソースと合わせています。

その上には程良いバランスのイクラとスモークサーモンが乗っかり、見た目も鮮やか。濃厚な味わいの魚介類とクリーミィーなソースが合わさることで、円やかながらもパンチの効いた味わいに。適度な歯応えを残したフィットチーネもいい仕事しています。

NIWAKAYA 0831(にわか家)」今回初めて頼んだ料理もどれも美味しく、ヘルシーさとボリュームのバランスも程よくて大満足。個室完備で料理も美味しいのに、1人三千円を切るくらいのお値打ち価格も魅力。

週末は混んでいることが多いようなので、人数が多い場合には予約必須かも。とても気に入ったので、また定期的にお邪魔したいと思います。(^_-)-☆

和風パル NIWAKAYA 0831(にわか家)



コメントは受け付けていません。