「Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」がやってきた!「Fire 7(初代)」と比較してみて、その進化の凄さにビックリ!^^

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

Amazonプライム会員の方ならば、クーポンコード入力で4,000円OFF価格で購入できるのが「Fire タブレット」。また時折スペシャルプライスで販売される時もあるのですが、先日のAmazonプライムデー時の余りの安さについ購入してしまったのが、こちらの「Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」。

初代「Fire 7」タブレットは、発売開始されてすぐに購入。それからずっと愛用してきました。実質4,980円で購入したタブレット端末が、予想以上に使えることにビックリ。さらにSDカードへの保存が可能になったことで、まさに神タブレットとなりました。

4,980円で購入可能な「Kindle Fire」タブレット、予想外にサクサクで驚いた!

こちらが外箱です。こんな感じのオレンジの箱に入っています。パッと見はお菓子の箱みたいですね。価格が価格なので、コスト削減という事でそれもありでしょう。

スポンサーリンク

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

中身を取り出してみました。本体と一緒に付属品もコンパクトに纏められてます。Fire HD 8 タブレットには、ちゃんと保護ビニールシートも貼られています。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちらが付属品。「USB 2.0ケーブル、5W 電源充電器、保証書、スタートガイド」ととてもシンプル。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちらが「Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」本体。「高解像度1280×800、189ppi」8インチHDディスプレイを搭載。初代Fire 7よりは若干解像度も上がっているので、期待したいところ。またIPS技術と先進的な偏光フィルターにより、画面の反射も少なくなっているとのこと。(初代Fire 7は画面反射がキツかったので)

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

裏面はこんなかんじ。マットブラックな仕上げでいい感じです。本体重量「369g」という事で、初代Fire 7よりは若干重たい印象。サイズ「214 x 128 x 9.7mm」8インチということで、そこは仕方ないところかも。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

上部には右から「電源ボタン」「micro USBポート」「マイク」「3.5mmステレオジャック」「ボリュームボタン」が付いています。ボリュームボタンが一番端になり、初代Fire 7とは配置が少し変わったみたい。(この方がボタンを押しやすい印象)

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちらが「内蔵スピーカー」。正面左サイドに、上下2箇所「Dolby Atmos デュアルステレオスピーカー」が付いています。初代Fire 7はモノラルスピーカーだったのですが、これがまた音がショボかったんです。

今回は「Dolby Atmos デュアルステレオスピーカー」を搭載したステレオスピーカーへと進化したので、ここは期待したいところ。Amazonプライム会員ならば、やはりFire HD 8で音楽やビデオを楽しみたいですからね。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちら正面右サイドには「microSDカードスロット」が付いています。256GBまでのmicroSDカード(別売)に対応しています。Kindle本もmicroSDへと移行ができるようになったので、実質容量を気にせず使うことができるようになりました。いやいや素晴らしい。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

電源オン。「fire」の文字が眩しい。高速クアッドコア(最大1.3GHz)、12時間使用可能なバッテリーを搭載。価格帯を考えたならば、凄まじい高機能ではないでしょうか。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

しばらく待つと言語設定の場面に。「日本語」を選択してクリックします。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

Wi-Fi接続設定画面から、Wi-Fiパスワードを入力。デュアルバンド a/b/g/n対応。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

あなたは○○○○さんですか?との画面になり、ここで間違いなければ「はい」をクリック。最初から購入者と端末が関連付けされているので、立ち上げてすぐに使用可能。この辺りの便利さはさすが。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

スタートホーム画面はこんな感じ。初代Fire 7の時にはソフトウェアアップデートで待たされた印象があったのですが、今回はあっさりと立ち上がりました。液晶画面の第一印象は、やはり「1280 x 800 (189ppi)」になっているだけあって、初代Fire 7よりも綺麗で、きめ細かい印象

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちらが「ビデオ」カテゴリー画面。Fire HD 8ならば、Amazonプライムビデオ視聴もより快適に過ごせそう。またKindle本も、写真集など見る時により重宝しそう。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちらが「初代Fire 7(右)」「Fire HD 8(左)」を並べてのサイズ比較。全体的に一回り大きくなった印象。重量も増えたので、手に持った時にはちょっと重たく感じます。でもそれ以上にFire HD 8の液晶サイズとその綺麗さに軍配が上がるかな。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

横から見てみたところ。厚みも若干増した印象。Fire HD 8はそのまま手に握って持つよりも、座ったまま台座やクッションに立てかけて使うことが多い。手に持って使うのはスマートフォン、座って(寝転がって)使うのはタブレットという住み分けができている感じ。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

こちら「microSDカードスロット」へとmicroSDカードを挿入してみたところ。16GBのカードが余っていたので、とりあえずこちらを使用。手前に見えるのが「フロントカメラ +2メガピクセルリアカメラ」。カメラは”おまけ程度”と思った方が良さそう。

Fire HD 8 タブレット(16G  / 2017)

microSDカードを挿入したら、「設定」「ストレージ」に入って、拡張ストレージ設定OKをクリックします。これでSDカード内に「アプリ」「ビデオ」「楽曲」「写真」「本(Kindle)」などのデータを入れて持ち歩くことが可能。256GBまで対応しているので、これでもう容量の心配はしなくても良さそう。

・「Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」の印象と使い勝手はどんな感じ?

しばらく使用してみましたが、まず一番印象に残ったのがは「Dolby Atmos デュアルステレオスピーカー」の音の良さ。初代Fire 7の音がショボすぎたというのもありますが、全く別物タブレットへと進化。この音ならば、音楽もビデオも十分満足のいくレベルで視聴できます。

また動作も思った以上にサクサク快適。価格を考えたならば、必要十分といえるでしょう。液晶画面もiPadなどと較べると今ひとつではありますが、こちらも価格差を考えたならば十分なレベル。初代Fire 7よりは、かなり鮮明で良くなった印象

そしてやはり注意が必要なのが、Android専用の「Google Play」は利用出来ないところ。その代わりにKindle専用の「アプリストア」が使えるようになっています。Kindleアプリストアもこのところ充実してきており、メジャーどころのアプリは結構揃っている感じ。(Google系のアプリは使えないものが多いですが)

その他の細かい設定などは、初代Fire 7と大きくは違わないので、以前に書いた下記コラムやそこからリンクを辿って頂くと、細かい設定方法などお試し頂けると思います。

4,980円「Kindle Fire」タブレット、まずは設定などアレンジしてみた!^^

出来ることは限られますが、視聴専用タブレットと考えたならば必要十分。実質1万円を切る価格で購入できることを考えれば、現状コスパ最高のタブレットと言えるでしょう。

Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」今後も大いに活用していきたいと思います。(^_^)v



コメントは受け付けていません。