大阪旅行の締めはこれでしょ!エキマルシェ新大阪にて「串かつ 松葉総本店」の串かつ&麦酒を満喫!^^

串かつ 松葉総本店

先日、久しぶりに訪れた「USJ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。念願のハリーポッターワールドやミニオンも見れて大満足の一日でした。その夜はUSJ近くのホテル「ホテル京阪ユニバーサル・シティ」に宿泊。そして次の日は、こちらも念願だった「大阪城天守閣」見学へと向かうことに。

大阪城巡り〜豊臣秀吉が築いた別名金城とも呼ばれる名城「大阪城」を散策!天守閣展望台を目指して〜

念願の大阪城も満喫できたということで、新大阪駅から新幹線に乗って帰路へと向かうことに。新大阪駅地下には「エキマルシェ新大阪」という JR新大阪駅構内のお土産・グルメ・レストラン街があるのですが、こちらがとても綺麗で見応えあるらしいので立ち寄ることに。

その中でも事前にチェックしてあったお店が、こちらの「串かつ 松葉総本店」。本店は梅田にあり、昭和24年の開業の老舗串かつ店。立ち飲み&立ち食いが基本、仕事帰りのサラリーマンなど多くの方々から愛されているお店。

こちらが「エキマルシェ新大阪」。奥の方はフードコートのようになっており、色んなお店が立ち並んでいます。

スポンサーリンク

串かつ 松葉総本店

こちらの「串かつ 松葉総本店(エキマルシェ新大阪店)」。このように基本カウンターでの立ち飲み&立ち食いスタイル。店内では職人さんが目の前で串かつを仕込んで揚げてくれます。

串かつ 松葉総本店

カウンターの目の前には、こんな感じに串かつの山が。こちらのお店は注文揚げではなく、昔ながらの揚げおきスタイル。だからこそ素早く手軽にサクッと食べて飲むことができるんです。

串かつ 松葉総本店

店舗の隣では、こんな感じにお持ち帰り用串かつも販売されています。どんなメニューがあるのか、直に目で見て判断できるのもいいところ。

串かつ 松葉総本店

本当は立ち飲みスタイルでいきたかったのですが、大阪城巡りでかなり疲れていたので、今回は椅子に座って頂くことに。まずは生麦酒でかんぱーい!椅子に座って注文の場合には、ジョッキーではなくカップになるみたい。また注文もお持ち帰り棚から選んで注文します。

串かつ 松葉総本店

こちらが「キャベツ&ソース」。注ぎ足しではなく毎日、店でブレンドしているという特性ソース。もちろん二度づけは禁止。ソースが足りなくなったなら、キャベツですくってかけるのがルールとのこと。

串かつ 松葉総本店

こちらが第一弾「串かつ」。「うずら、牛串、若鶏、玉ねぎ」など。地元名古屋では串かつというと「豚串かつ」が多いのですが、こちらでは牛串かつがメイン。またチューリップ状になっている「若鶏」の串かつも珍しいかも。

串かつ 松葉総本店

こちらは「きす、えび」など。開いたきすがそのまま揚げられています。どちらも食べ応えがあって、サクサクプリプリな食感。どちらも串揚げの王道食材ということで、間違いない美味しさ。

串かつ 松葉総本店

こちらは「牛串」特性ソースにつけて頂くとしますか。

串かつ 松葉総本店

たっぷりとソースにつけて、いい色合いになりました。 こちらの甘辛ソースは、通常のソースと比べるとサラッとしたタイプ。こんな感じにたっぷりとつけてもクドくならないんです。

衣はサクッサク、中からは柔らかい牛肉が出てきます。お肉の旨味とソースの甘辛さが混じり合って、極上の味わいに。一口でも食べられるサイズ感もいい。麦酒との相性も抜群。

串かつ 松葉総本店

こちらが「若鶏」。こちらの若鶏の串かつは、カレー風味になっています。チューリップごとなので、ボリュームも十分。まずはカレーの風味がほんのりと香り、その後に若鶏の旨味が染み出してきます。ソースとの相性も抜群。おつまみとしてだけではなく、おかずとしても十分いけますね。

串かつ 松葉総本店

こちらが「まぐろ」「豚ヒレ」(たぶん)。まぐろの串かつも地元名古屋では余り見かけないかも。

串かつ 松葉総本店

まぐろは、あっさりとヘルシーな感じで、より衣のサクサク感とソースの旨味が際立ちます。豚ヒレも間違いない味、やっぱり旨い。

串かつ 松葉総本店」大阪旅行最後の締めとしては、最高の美味しい締めとなりました。串かつ一つとっても、関西・東海・関東と全然趣が異なるのですから、ほんと料理って面白くて奥が深いですね。

やっぱり食べ歩きって楽しい。また機会を見て、大阪訪れてみたいと思います。(^_^)v

串かつ 松葉総本店



コメントは受け付けていません。