IPX7完全防水&連続再生8時間可能、フィット感も抜群なワイヤレスイヤホン「iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン 」その使用感から音質まで!^^

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

昨今、定額制音楽サービスが急速に普及してきた事で、スマートフォンを利用して音楽を楽しむ機会が増えてきました。またiPhone7/7Plusではついにイヤホンジャックが廃止になり、より「Bluetooth ワイヤレスイヤホン」を活用する人が増えてきています。

今回はIPX7完全防水&連続再生8時間可能なワイヤレスイヤホン「iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン」をご紹介してみたいと思います。

(こちらは iina-style 社よりサンプルとしてご提供頂いたアイテムです。当ブログでは良い点いまいちな点合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いています。)

こちらがボックス外観になります。外箱もかなりしっかりとした作り。箱のデザインも格好いい。iina-style社は大阪市にある企業とのこと。「PC周辺機器、スマートフォン関連グッズ、車載アクセサリー」などの商品を取り扱っています。

スポンサーリンク

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

外箱の蓋を開けるとこんな感じ。中もしっかりと専用ケースにて梱包されています。イヤホンがハート型になっていて可愛い。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

こちらがワイヤレススポーツイヤホンの下に入っている付属品。手前から「イヤーピース(大中小)」「充電用USBケーブル(約21.5cm)」「取扱説明書(日本語表記)保証書(お買上げ日から1年)」となります。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

こちらがワイヤレススポーツイヤホン本体。ブラックゴールドを基調としたデザインで、カナル型耳掛け式になっています。サイズは「43.8×50×39mm」重量「約15g」。耳内部に装着するイヤホンサイズは「2.3cm」とコンパクト。ケーブルの長さは「約34cm」となります。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

iPhone6sと並べて比較してみました。カナル型耳掛け式ながらも、サイズがコンパクトなのがお判り頂けるかと思います。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

こちらが右側イヤホン。シンプルながらも高級感のあるデザイン。耳掛け式ながらも、耳に引っ掛ける部分(イヤーフック)がとても柔らかいのでフィット感抜群。ランニングなどで激しめに動いても、自然に外れることはありません。

またサングラスやメガネをしたままでも装着可能。イヤーフックはかなり柔軟性があるので、一緒に付けていても痛くなることもありませんでした。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

こちらがカナル側。こちら側を耳の内部に装着します。イヤーピースは全部で3種類揃っているので(大中小)、耳の形に合わせて交換可能。自分の場合には最初のサイズ(中)で程よかったですが、音を聴きながら最初に調整するのがベスト。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

こちらが左側イヤホン。こちらのイヤホンの大きな特徴の1つが「国際規格IPX7等級 完全防水」をうたっていること。

・国際規格IPX7等級とは…

「IPX7等級=一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)」レベルの水の浸入に対する保護等級のこと。(Wikipediaより抜粋)商品サイトには「約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない機器」との記述も。

これだけの防水性能があれば、日常マラソンやアウトドアなどで使用した場合でも、汗や雨が原因で壊れる心配はまずないといっていいでしょう。まさに本格的なワイヤレススポーツイヤホンといえます。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

こちらが左イヤホンケーブルに装着されている「コントローラー」。ケーブルを首の後ろ側に回すと、ちょうど左側首付根辺りにコントローラーがくる感じ。コントローラーサイドには「USB充電ポート」があります。こちらのポートは開閉もスームズ。正面には「LEDインジケーター」も付いています。

こちらのコントローラー、サイズが大きめで操作しやすいのが特徴。中央マルチファンクションボタン「電源オンオフ(長押し2秒電源オン / 5秒長押し電源オフ)/ペアリング(5秒長押し)/再生停止」+ボタン「音量+/曲送り(2秒長押し)」ーボタン「音量ー/曲戻し(1秒長押し)」と操作方法もわかりやすいです。+ーボタンも突起が大きいので、スポーツ時にも片手で操作しやすいです。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

「microUSB充電ポート」に充電ケーブルを繋いで充電を開始。充電が開始されると、LEDインジケーターが「赤点灯」します。充電所要時間「約2時間」とのこと。今回は50分程で充電完了「青点灯(満充電)」へと変わりました。

バッテリーは最高品質のバッテリーを採用。「連続再生時間 / 8時間」使用可能とのこと。同サイズイヤホンだと、5時間程度のものが多い中、連続再生8時間はなかなか優秀なのではないでしょうか。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

それではBluetoothにて接続をしてみましょう。左イヤホン付近のケーブルに付いている「コントローラー」中央マルチファンクションボタンを「約5秒間長押し」します。すぐにLEDインジケーターが「赤青交互に点滅」します。そうなったならペアリングモードになった合図です。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

ペアリングする端末(iPhone6s)をイヤホンの1M以内に置いたまま、Bluetoothをオンにします。デバイス上(設定Bluetooth)にある「IS-BTEP04M」をクリック。少し待つと「接続済み」となり無事に接続完了。LEDインジケーターも青色の点滅に変わります。パスワードなどの入力も必要なく、簡単にペアリング可能。Bluetooth4.1対応とのことで、Bluetoothへの接続はとてもスムーズ。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

iPhone6sの通知の通知を見てみると、バッテリー箇所に「IS-BTEP04M / 100%」との表示が追加されていました。こうして通知画面からイヤホンバッテリー残量が確認出来るのはとても便利。

iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン

という事で無事にペアリングも完了したので、早速iPhoneのGoogle Play Musicアプリを開いて音楽を聴いてみることに。何ら問題なくちゃんと音楽再生出来ている模様です。それでは機能についてまとめて使用感を書いていくことにしましょう。

・遮音性、装着感について

まず「遮音性」に関しては、イヤホンがスッポリと耳に収まる「カナル型イヤホン」だけあって外の音はかなり遮断出来ます。また音漏れも少ないので、外で聴く時に周りに気を使わなくてすみます。しかしながら遮断性が高いという事はそれだけ外の音も聞きづらいので、状況によっては音量を小さくしたり外したリする配慮が必要ですね。

装着感」についてですが、イヤーフックがとても柔らかく柔軟性があるので、フィット感が抜群にいいです。しっかりと耳に固定されるので、頭を前後左右に振ったくらいでは外れることもありません。またこちらのタイプならば、ランニングなどの運動時にも、メガネやサングラスを着用したまま難なく使用できます。またケーブルの長さも微調整が可能となっています。

・音質について

肝心の「音質」ですが、全体的にシャープでクリアな音。中高音がシャキシャキとクリアに響きます。全体的に滑らかで抜けのいい音だと思います。「AACコーデック」を採用しているので、iPhoneでも高音質な音楽を楽しむことができます。全体的にはクリアで中高音域に伸びのあるイヤホンだなと感じました。

ロックからポップス、ジャズまで、クリアな音源で気持よく聴くことが出来ました。全体的にバランスはいいのですが、欲を言えばもう少し低音が響いてくれるということないかも。(あくまでも個人感、そこまで求めるのは酷かも)この価格帯のイヤホンでこれだけの音が聴けるのであれば、もう必要十分なのではないでしょうか。

・ノイズや音飛びなど、無線環境について

続けて数時間聴いてみましたが、目立ったノイズや音飛びは全くといっていい程起こりませんでした。Bluetooth4.1対応ですし、電波が入りにくいという状況で無ければ、ノイズや音飛びに関しては気にしなくても良いのではないでしょうか。通信距離は「10m(障害物無し)」ということで、通信環境はかなり安定していると思います。

・操作性や使用感について

ケーブルに付いたサイズが大きめで操作しやすい「コントローラー」が特徴的。操作方法もとても分かりやすく、直感的に操作出来ます。+ーボタンも突起が大きいので、スポーツ時にも片手で操作しやすいというのは大きなメリット。

また装着時に電話の着信があった時には、着信状態からコントローラーのマルチファンクションボタンを1度短く押すことで応答可能。通話中に同ボタンを押すせば通話終了となります。着信時に1秒間長押しで着信拒否。スタンバイ状態で2度短く押すと最後の発信履歴にリダイアルとなります。

またスタンバイ状態でマイクに向かって「Hey Siri」と呼びかけると、Siriを起動を起動させることができます。(iPhone6以降のモデル / Hey Siri設定をオンにした場合)

スマートフォンを置いた部屋から7,8m離れてみましたが、それでも音はちゃんと聴こえていました。またiPhoneを鞄に入れたまま鞄のチャックを閉じても、そのまま何ら変わりなく続けて使用することが出来ました。

・バッテリー容量について

バッテリーは最高品質のバッテリーを採用。「連続再生時間 / 8時間」使用可能とのこと。同サイズイヤホンだと、5時間程度のものが多い中、連続再生8時間はなかなか優秀なのではないでしょうか。

・総評まとめ

という事で「iina-style Bluetooth ワイヤレススポーツイヤホン」しばらく試してみましたが、如何だったでしょうか。IPX7完全防水&連続再生8時間可能、しかも柔軟性あるイヤーフックがフィット感抜群のこちらのモデル。

ウォーキングやランニングなど、日常のスポーツにも十分対応出来るモデルだと思います。またケーブルに付いたコントローラーが大きい上に、+ーの突起が判りやすく操作しやすいのもポイント高いところ。

音質も全体的にシャープでクリア、中高音中心に滑らかで抜けのいい音。ロックからポップス、ジャズまで、伸びのあるクリアな音質で音楽を気持よく楽しむことが出来ます。

「音質・使用感・デザイン・価格」とトータルに考えてみても、とてもバランスの優れたイヤホンだと感じました。イヤホン選びのご参考になれば幸いです。(^_-)-☆

(こちらのコラム内容については、正直に自分なりの感想を書いています。イヤホン利用者の皆様と全く同じ環境という訳ではありませんので、使用端末や環境によっては使用感が大きく異なってくることもあります。恐れ入りますが、その点予めご了承下さい。)



コメントは受け付けていません。