消費カロリー計算から通知まで対応、しかも1週間連続使用可能な「ATETION TW64 スマートウォッチ」を試してみた!^^

TETION TW64 スマートウォッチ

Apple Watchを筆頭に「スマートウォッチ」と呼ばれるガジェット達も様々なアイテムが登場していますね。日々の運動量やカロリー、睡眠を計測してくれるウェアラブル端末「MISFIT WEARABLE FLASH」は、かれこれ1年以上愛用していますが、現在も現役で活躍中。

消費カロリーや睡眠、歩数などが計測できるウェアラブル端末「MISFIT WEARABLE FLASH」を試してみる!

しかしながらこちらの端末は計測がメインなので、「時間」「日付」「通知」などの機能には弱いんです。ということで正確な時間を常に表示できて、電話などの着信通知も可能なガジェットを探してみることに。

そんな時に、たまたま見つけたのがこちらのウェアラブル端末「ATETION TW64 スマートウォッチ」。価格「1,490円(現時点)」とお値打ちながら、評価も悪くなさそう。しかも”消費カロリー計算から電話着信通知、振動目覚まし機能”も付いている上、1週間連続使用可能とのこと。

外箱の外観はこんな感じ。とってもシンプル。

スポンサーリンク

TETION TW64 スマートウォッチ

中身はこんな感じ。「スマートバンド本体」「充電器ケーブル」「ユーザーマニュアル(英語・中国語)」「日本語マニュアル(コピー)」が入っています。

TETION TW64 スマートウォッチ

こちらが「ATETION TW64 スマートウォッチ」本体。全体はブラックで統一され、価格の割には高級感もあります。ストラップにはソフトラバーを採用。とても柔らかい触り心地でいい感じ。モニターは有機発光ダイオードとのこと。

TETION TW64 スマートウォッチ

裏側から見るとこんな感じ。iPhone7.1以上/Android4.4以上のスマートフォンに対応。Bluetoothバージョン4.0なので、低電力消耗での使用が可能。

TETION TW64 スマートウォッチ

こちら本体裏側に3箇所見える金属部に、充電器ケーブルを接続して充電します。「一週間連続使用可能 / 15日待機可能」というのは、こうしたウェアラブル端末としてはかなりバッテリーが保つ方ではないでしょうか。

液晶が小さいが故に、それだけバッテリーが長持ちするのだと思います。液晶では最低限必要な情報だけ判ればいいと思っているので、自分的にはこれで十分。逆に数日(1,2日)でバッテリー充電が必要な端末は、使わなくなるのが目に見えていますから。

TETION TW64 スマートウォッチ

こちら液晶画面の左サイドにあるのが「切り替えボタン」。ボタンを押す度に「タイムモード(時刻・日付・バッテリー・Bluetooth表示)」「歩数計モード」「カロリーモード」「距離モード」「振動目覚まし時刻(セット時)」と切り替わります。

また任意の画面でボタンを長押ししてやると「睡眠モニタリングモード」へと切り替わります。眠る時にはこちらのモードへ切り替えてやることで、より正確な測定が可能になります。(そのままだと寝ている間も腕を動かす度に、歩数として計測されてしまいます)

機能概要:歩数計、移動距離測定、消費カロリー管理、 睡眠管理、ノートリマインダー(水を飲む、薬を飲む、ミーティングなど) 、電話着信通知、クロック 、座りがちアラーム、置き忘れ防止アラーム、リモート撮影、振動目覚まし時計

TETION TW64 スマートウォッチ

こちらが「充電器ケーブル」。USB接続にて充電が可能。ちょっと特殊な形状の充電器なので、紛失しないように注意が必要。

TETION TW64 スマートウォッチ

こちらがラバーストラップ。このような感じにアルミ合金でできた留め具をラバーストラップの穴に固定します。こちらのストラップ、固定の仕方が独特なのでコツが必要。

ストラップの内側と外側を指で挟んだまま、グッと穴に押し付けて留め具を入れ込みます。入れ込みが甘いと外れてしまうので注意が必要。見た目はかっこいいのですが、もう少し扱いやすくして欲しかったかも。

TETION TW64 スマートウォッチ

付属の充電器ケーブルにて、充電開始。このように電池の充電具合が表示されます。最初からほぼ満充電されているみたい。モバイルバッテリーでも充電可能なのも嬉しいところ。

TETION TW64 スマートウォッチ

腕に取付けてみました。(ちょっと緩めだったかも)重量「77g」ととても軽いので、付けているのを忘れてしまうほど。ラバーストラップがとても柔らかいので、付け心地もいい感じ。手首を反転(裏表)させるだけで液晶表示がされるので、瞬時に時刻の表示確認ができます。でも野外日射しの下では、液晶がちょっと見にくいかも。(手で影にしてやれば、ちゃんと確認可能)

ということで、次回は専用アプリ「Veryfit2.0」をスマートフォンにインストールして、アプリとの連携具合を色々と試してみたいと思います。(^_-)-☆

↓続きはこちらから↓
消費カロリー計算から通知まで対応、しかも1週間連続使用可能な「ATETION TW64 スマートウォッチ」を試してみた!専用アプリ連携から使用感まで〜



コメントは受け付けていません。