「テラスゲート土岐」天然日帰り温泉から地域連携コンセプトショップまで、見て食べて癒やされて、気軽に楽しめるリラクゼーションスポット!^^

テラスゲート土岐

地元名古屋からも1時間余り「土岐プレミアムアウトレット」からもすぐ近くにあるリラクゼーションスポット「テラスゲート土岐」にお邪魔してきました。場所は「岐阜県土岐市土岐ヶ丘4丁目 / 0572-53-3331」東海環状自動車道 土岐南多治見インター出口を右へ1分行ったところ。駐車場も「900台(無料)」完備されています。

こちらが「まちゆい」という名前の地域連携コンセプトショップ。地域の特産品などを取り扱ったスポットみたい。

スポンサーリンク

テラスゲート土岐

こちらが「土岐よりみち温泉」。6つのテーマの岩盤浴と源泉に炭酸を溶かし込んだ地域最大の超炭酸泉が特徴の日帰り天然温泉。今回は時間の都合上こちらにはお邪魔しませんでしたが、車も沢山停まっていて地元の方々にみ大人気みたい。価格は「大人 / 平日760円 土日祝900円」「小人(小学生) / 平日380円 土日祝450円」「幼児(小学生未満) / 平日200円 土日祝250円」とのこと。

テラスゲート土岐

こちらが「まちゆい」内。こんな感じに色んなセレクトショップが入っています。

テラスゲート土岐

中央には大きな滑り台も。子供たちが楽しそうに遊んでいました。まさに地域の方々のリラクゼーションスポットになっているみたい。周りには大人も休憩できる椅子や無料で読める雑誌なども置いてあって、まさに至れり尽くせり。

テラスゲート土岐

こちらが「パフェ工房 青いクマ」。こちらケーキやパンがバイキング形式で食べられるみたいで、多くの人でにぎわっていました。

テラスゲート土岐

こんな感じに色んなタイプのパンが並べられています。

テラスゲート土岐

お店の表側には袋に包まれた「パンお持ち帰り 200円」も。6,7個入ってこの価格、これはかなりお得感あり。いくつか購入してきましたが、色んな味が楽しめて、どれも美味しかったです。

テラスゲート土岐

お店の一角では、陶器なども飾られています。

テラスゲート土岐

こちらが「まちゆいshop」。地域の特産品を中心に、様々な品が販売されています。色々と眺めているだけでも楽しい。

テラスゲート土岐

もちろん地酒も販売されています。以前、ブログでもご紹介した吟醸酒「女城主」もあったので自分へのお土産に購入。

「七味あごだし明太」をつまみに、吟醸酒「女城主」で一杯!これぞ至福の時!

テラスゲート土岐

こちらは「ふわふわクレープ」というクレープ専門店と「BLOCKS POPCORN」というポップコーン専門店。女子や子供たちには堪らないスペース。

テラスゲート土岐

こちらが「THE TILE SHOP」タイルショップ。色とりどりのタイルを合わせて、オリジナルのコースターや飾りを作ることができます。

テラスゲート土岐

こちらが「陶土ぅ庵(とうとぅあん)」という陶磁器専門店。この辺りは美濃焼が有名な地域でもあります。

・美濃焼(みのやき)

岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市を主たる産地とする陶磁器の総称。美濃焼が主に生産される岐阜県東濃地域は、日本最大の陶磁器生産拠点であり、日本の陶磁器生産量の約半分を占めている。(Wikipediaより抜粋)

テラスゲート土岐

志野、織部、黄瀬戸など、伝統的なものから最新のデザイン食器まで、実用的でおしゃれな品を多数取り揃えています。

テラスゲート土岐 美濃焼カップ

今回、自分へのお土産にこちらのカップを購入。美濃焼でとっても軽いのが特徴。うさぎのデザインも可愛い。現在も同サイズの美濃焼カップを使用しているのですが、この軽さに慣れると、もう重たいカップを使う気になれません。

テラスゲート土岐

こちらが「土岐たび案内所」。色んな地域のパンフレットなどが置いてあり、休憩スペースもあります。カウンターには案内役の人もいて、近くで購入したアイテムなどは、こちらで会計してくれます。

テラスゲート土岐 満開堂

こちらが「満開堂」。鬼まんじゅうの専門店。慣れ浸しんだ鬼まんじゅう屋さんとはちょっと異なる雰囲気で、どちらかというとスイーツ店に近い感じ。色んな色合いの鬼まんじゅうがあって、眺めているだけでも楽しい。

・鬼饅頭(おにまんじゅう)

鬼饅頭(おにまんじゅう)または芋饅頭(いもまんじゅう)は、薄力粉もしくは上新粉と砂糖を混ぜ合わせた生地に、角切りのさつま芋を加えて蒸した菓子。主に愛知県などの東海地方で見られる。略して「鬼まん(おにまん)」とも呼ばれる。(Wikipediaより抜粋)

テラスゲート土岐 満開堂

こんな愛らしいパッケージに包まれています。まるでシュークリームのよう。

テラスゲート土岐 満開堂

お皿に盛り付けてみました。ふわふわな手触りで、まるでスポンジケーキのよう。岐阜県産のサツマイモと小麦粉、鹿児島産の自然糖を使って健康指向のスイーツに仕上げているとのこと。生地はモッチモチふわふわ。サツマイモと黒糖の自然な甘さがマッチして、どれだけでも食べられる感じ。

テラスゲート土岐 満開堂

こちらは「安納芋」。種子島特産の安納芋(別名 蜜芋)を使用し、自然な甘さが特徴的。見た目は通所の鬼饅頭に似ていますが、食感は全くの別もの。まさに和洋折衷、モッチモチふわふわ、とっても美味しかったです。

テラスゲート土岐」今回始めて訪れましたが、特産品など色々見て回ることが出来てとても楽しめました。またすぐ隣には大きなスーパー「スーパーセンター オークワ」もあるので、ついでに日常のお買い物も出来ちゃいます。そして極めつけは「土岐よりみち温泉」。次回はこちらの日帰り温泉にも訪れてみたいと思います。(^_-)-☆

テラスゲート土岐



コメントは受け付けていません。