4,980円で購入可能な「Kindle Fire」タブレット、予想外にサクサクで驚いた!

ここ最近「Amazon」から怒涛の如く繰り出される新サービスは凄いですね!とくに「Amazonプライム会員特典」が凄すぎて、思わず笑ってしまうレベルですw。前々から噂されていた「Amazonプライムビデオ」も快適で日々楽しませてもらっています。

そしてこちら「Kindle Fire」タブレットもプライム会員価格「4.980円」にて発売されたという事で、早速注文してみました。実は10月1日にもう届いていて、数日使ってみたので開封と一緒に感想なども書いていきたいと思います。

こちらが外箱です。こんな感じのオレンジの箱に入っています。パッと見はお菓子の箱みたいですね。価格が価格なので、コスト削減という事でそれもありでしょう。

スポンサーリンク

中身を取り出してみました。本体と一緒に付属品もコンパクトに纏められてます。

こちらが付属品。「USB 2.0ケーブル、5W 電源充電器、保証書、スタートガイド」ととてもシンプル。

こちらが「Kindle Fire」タブレット本体。液晶面は結構映り込みがキツイです。「解像度1024×600、171ppi」ですし、価格帯を考えたら仕方ないですね。また最初から液晶が汚れていました。布で拭けば綺麗になるのですが、この辺はやはりApple製品などとは違いますね。(価格も違うので仕方ないかも)

裏面はこんなかんじ。マットブラックな仕上げでいい感じです。でも本体重量「313g」という事で、やはり重さはちょっと気になります。サイズは「191mmx115mmx10.6mm」7インチサイズという事で取扱いしやすいです。

Nexus7(2012)も7インチサイズだったのですが、やはりこのサイズのタブレットは扱いやすくていいですね。Nexus7はOSアップデート後、重たくなってしまいめっきり出番が減ってしまいましたが、こちらの「Kindle Fire」がその代わりとして使えるといいのですが。

上部には「電源ボタン」「micro USBポート」「マイク」「ボリュームボタン」「ステレオジャック」が付いています

左上には「リアカメラ」「microSDカードスロット」が付いています。カメラは「2メガピクセルHDリアカメラ」という事で、おまけ程度と考えておいた方が良さそうです。「microSDカードスロット」は、ストレージを128GB拡張可能とのこと。しかしながらKindleで購入した本などは移せないらしいので(動画だけOKという話も、未確認)注意が必要です。

こちらは「内蔵スピーカー」。「Kindle Fire」シリーズはスピーカーに定評があるので、ステレオではないですが期待したいところ。

電源オン。「fire」の文字が眩しいです。

しばらく待つと言語設定の場面に。下から「日本語」を選択してクリックします。

その後、Wifi設定などがあり、ソフトウェアアップデートが開始されます。ここから2、3回再起動を繰り返します。スタート画面まで15分くらい時間がかかります。

ようこそ!」という事でスタート画面になりました。

スタート画面はこんな感じです。液晶の映り込みが激しいので、立てて横向きにしました。液晶は見れないことはないですが、やはり粗さは隠せません。また正面から見ないと見えにくい仕様になっています。これは「覗き込み防止」などの意味合いもあるのかも。プライム会員なら「4,980円」で購入出来るという事を考えれば、液晶はまぁ仕方ないですね。

上部からフリックすると、こんな感じに「ランチャー」「通知」が登場します。この辺は通常のAndroid仕様と似ていますね。元々はAndroidなので似ていて当然なのですが、Android専用の「Google Play」は利用出来ないので注意が必要です。その変わりにKindle専用の「アプリストア」が使えるようになっています。

端末本体の使用感やアプリの使い勝手など、詳細については次回詳しく書いていきたいと思いますが、ここ数日使ってみての実感としては、

実質4,980円で購入出来る端末が、予想外にサクサク動くことにビックリ!

というのが素直な感想です。CPU「1.3GHzクアッドコア」RAM「1GB」を搭載しているだけのことはあります。液晶の粗さや、タッチスクリーンの感度の悪さは正直ありますが(タッチスクリーンは指でないと反応しないことが多いです、タッチペンは厳しいかも)それを差し引いても、この価格帯のタブレットがこれだけサクサク動くならば、それだけでも購入する価値はあると思います。

自分の場合、これまでKindle端末を持っていなかったので「プライム会員 月1冊無料」を利用したいが為に「Kindle Fire」を購入した、というのも大きいです。月1冊無料本の中には販売価格1,000円以上というのも結構あるので、そういった本を毎月選べば4,5ヶ月で元を取れてしまう計算になります。

いやいや「Amazonプライム会員」特典素晴らしいです!「Kindle Fire」タブレット、次回は色んなアプリを使い倒してみて、どんな手応えなのか、どんなアプリは使えるのか、などなどもう少し詳しく書いていきたいと思います。(^_-)-☆

Amazonプライムビデオはこちらから

↓続きはこちらから↓
4,980円「Kindle Fire」タブレット、まずは設定などアレンジしてみた!^^


コメントは受け付けていません。