[今週の気になる] 手羽先「世界の山ちゃん」創業者、山本重雄氏永眠〜哀悼の意を込めて

世間は「リオ五輪」で盛り上がり、お盆休み期間もあけたばかりの8月22日、とても悲しいお知らせが届いてしまいました。居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」創業者でエスワイフード会長の山本重雄氏が21日午前7時54分、大動脈解離のため名古屋市の名古屋市立大病院で永眠されました。享年59歳。

手羽先「世界の山ちゃん」創業者、山本重雄氏が死去 59歳、大動脈解離(産経ニュース)

名古屋といえば「尾張名古屋は城でもつ」という事で、お城の名所が多いことでも有名ですが、それに負けじと「名古屋めし」でも有名。「ひつまぶし」「味噌煮込みうどん」「味噌かつ」そして「手羽先」と、これらは既に全国区といってもいい程有名ですよね。

その「手羽先」を全国に広めたのが、「世界の山ちゃん」創業者こと山本重雄氏に他なりません。現在では全国に75店舗の支店を持ち、海外も「香港」「タイ」「台湾」と進出しています。まさに本当の意味での「世界の山ちゃん」となりました。

自分が初めて訪れたのは、まだ大学生の頃。その頃にアルバイトをしていた先の先輩が「手羽先が美味しいお店があるのよ!胡椒辛いんだけど、麦酒とめちゃあって癖になるんだよね。」と連れて行ってくれたのが最初の出会い。屋台のような小さな店構え、夜遅いにもかかわらずお客さんで一杯、相席で食べた記憶があります。

とにかくその手羽先の味付けが衝撃的で、一発でファンになりました。そこがまだ誕生して間もない「世界の山ちゃん」だった訳ですが、今でもあの時の衝撃は忘れられません。それからは数えきれないくらい色んな店舗にお邪魔しました。そしてそんな山ちゃんもあっという間に店舗を広げ、全国的に有名になっていきました。

手羽先のお店では「風来坊」も有名ですが、手羽先の元祖はこちら風来坊だと言われています。以前にTVの特別番組で「風来坊会長と世界の山ちゃん会長が初対面をする!」という特番があったのですが、その時の山本重雄氏の対応が素晴らしかったんですよね。

「世界の山ちゃんの手羽先は、風来坊さんの手羽先を真似て、そこからヒントを得て誕生しました」と自ら認め、笑顔で握手を交わしたのです。手羽先を料理として考案したのは風来坊会長なのですが、それを独自に改良し、山ちゃんならではの独特な味付けを考案したのは山本氏だったという訳です。たしかに「風来坊」と「世界の山ちゃん」では、同じ手羽先でも味わいが全く異なります。

その後に風来坊会長も「もしも先方が強気できたならば、このやろーと思ったかもしれませんが、こちらを立ててくれて正直にお話をしてくれた。さすがだなと思いました。」とのコメントをされていました。料理のアイデアもさることながら、やはりこの人間性の素晴らしさが、ここまで「世界の山ちゃん」を大きく有名にしたのだと思います。

また近々「世界の山ちゃん」で手羽先を味わいたいと思います。合掌。

世界の山ちゃん



緑豊かでテラスが気持ちいいショッピングモール「星ヶ丘テラス」の楽しさを再発見!^^

名古屋市千種区「星が丘駅」から道沿いにずっと続いているショッピングモールが「星ヶ丘テラス」。この辺りには三越デパートや星ヶ丘ボウル、椙山女学園、菊里高校などの有名校も立ち並び、若者たちで賑わっているところ。また近くには「東山動植物園」もあることから、祝日などには家族連れも多いみたい。

こんな感じに道沿いにお店が立ち並んでいるのですが、その周りには木々が沢山植えられており、緑豊かで気持ちいい空間となっています。オープン当時に何度か立ち寄ったのですが、その時には凄い人で余りゆっくりと出来なかったんです。今回、久しぶりに立ち寄ったところ、その楽しさを再発見できたので、あらためてご紹介してみたいと思います。

また車でお越しの方は、駐車台数約1500台もある「星ヶ丘駐車場」と提携しているのでそちらに駐車可能。物販店舗「3,000円未満=30分サービス」「3,000円以上=1時間サービス」飲食サービス店舗「注文に応じて30分~2時間サービス」となっているので、少しでも買い物&食事をずれば「1〜2時間近くは無料」にすることができます。

続きを読む

ポリカーボネート製耐衝撃iPhone6/6s用ケース「英国Snugg製ツーピース耐衝撃ケース」の使用感や如何に!^^

現在愛用しているメインスマートフォンは「iPhone6s」。家族も同様のモデルを愛用しています。iPhone6sを購入してすぐに家族用にと「英国Snugg製PUレザー手帳型ケース」を購入したのですが、これがかなり使い勝手が良いようで現在も変わらず愛用しています。

iPhone6sにiPhone6用「英国Snugg製PUレザー手帳型ケース」は使えるのか?試してみた!^^

今回「Snugg」からサンプルとして「英国Snugg製ツーピース耐衝撃ケース」をご提供頂いたのでご紹介してみたいと思います。当ブログでは「良い点いまいちな点」合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いていくつもりです。

こちらがその「英国Snugg製ツーピース耐衝撃ケース」。外箱は紙、中はしっかりとしたプラスチックケースに梱包されています。こちらのケースは「レッド」。他にも「ブラック」「ブルー」「グレイ」「ゴールド」「ローズ」のカラーが揃っています。

続きを読む

フルHD対応Gセンサー内臓ドライブレコーダー「MUSON(ムソン)B1 ブラック」のコスパが凄い!開封編〜

最近は事故対策などの為に、車内にドライブレコーダーを搭載されている方も多いかと思います。タクシーなどでは当たり前に整備されているようで、不審な事故などに遭遇した場合にも映像として証拠が残るので心強いですよね。また旅先などでのドライブ時に、車内からのドライブ映像がそのまま残せるのも嬉しいところ。

そんなドライブレコーダーですが、今回フルHD対応Gセンサー内臓のドライブレコーダー「MUSON(ムソン)B1 ブラック」を「SoundPEATS(サウンドピーツ)」よりサンプルとしてご提供頂いたのでご紹介してみたいと思います。当ブログでは「良い点いまいちな点」合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いていくつもりです。

こちらが箱の外観。箱のサイズも思っていたよりもコンパクト。サイズは「14×9.5×7.7cm」となります。

続きを読む

織田信長の父、織田信秀の支城「岩崎城」を訪ねてみる〜天守閣から

織田信長の父、織田信秀の支城「岩崎城」は、愛知県日進市にその姿をかまえ、日進市の戦国時代の様子を今に伝える貴重な城址となっています。築城年代ははっきりしていませんが、織田信秀により築城され、属将・荒川頼宗が守備していたとされます。

天文年間から当地方の土豪であった丹羽氏清が修繕し四代(約60年間)の居城となり、小牧・長久手の戦いでは、丹羽氏は後者に属し、犬山方面から岡崎を目指した羽柴方の行軍を阻止しようとして落城する「岩崎城の戦い」など一族を犠牲にしながらも戦功をたて、徳川氏に認められていきました。関ヶ原の戦い参戦後、丹羽氏は三河国伊保(現豊田市内)へと移り岩崎城は廃城となります。昭和六十二年地元住民の寄付により岩崎城が建設・城祉公園として整備され現在に至っているとのこと。(岩崎城の歴史より抜粋)

織田信長の父、織田信秀の支城「岩崎城」を訪ねてみる〜

前回からの続き、岩崎城の中へと見学に向かうことにしましょう。

続きを読む

織田信長の父、織田信秀の支城「岩崎城」を訪ねてみる〜

織田信長の父、織田信秀の支城「岩崎城」は、愛知県日進市にその姿をかまえ、日進市の戦国時代の様子を今に伝える貴重な城址となっています。築城年代ははっきりしていませんが、織田信秀により築城され、属将・荒川頼宗が守備していたとされます。

天文年間から当地方の土豪であった丹羽氏清が修繕し四代(約60年間)の居城となり、小牧・長久手の戦いでは、丹羽氏は後者に属し、犬山方面から岡崎を目指した羽柴方の行軍を阻止しようとして落城する「岩崎城の戦い」など一族を犠牲にしながらも戦功をたて、徳川氏に認められていきました。関ヶ原の戦い参戦後、丹羽氏は三河国伊保(現豊田市内)へと移り岩崎城は廃城となります。昭和六十二年地元住民の寄付により岩崎城が建設・城祉公園として整備され現在に至っているとのこと。(岩崎城の歴史より抜粋)

岩崎城」と書かれた立派な石碑が建っている入り口。こちらは駐車場入口とは反対方向、岩崎城正面の入り口となります。

続きを読む

絶品ハヤシライスが堪能できる老舗洋食屋「グリルまどか」を満喫!^^

洋食専門店の本格的な「ハヤシライス」って、たまに無性に食べたくなりませんか?カレーライスは家でも作りますが、ハヤシライスまではなかなか難しい。ドミグラスソース命のハヤシライスは、見た目以上に手間暇がかかるんです。だからこそ食べ甲斐もあるというもの。

そんな本格的な絶品ハヤシライスが堪能できる老舗洋食屋「グリルまどか」にお邪魔してきました。こちらのお店は「愛知県愛知郡長久手町」という閑静な住宅街にあります。ビル1階に車数台が止められる駐車スペースがあり、脇の階段を上がった2階に店舗があります。またお店から向かって斜め右方向にも数台分の駐車スペースがあります。

グリルまどか
愛知県愛知郡長久手町塚田503
TEL 0561-63-6900
営業時間 11:30~14:00 17:00~21:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

店内はこんな感じ。カウンター席が8席余りと4人テーブルが2つ(全部で16席)ほどのこじんまりとした店内。シェフと奥様(でしょうか)お二人で切り盛りされている模様。

続きを読む

「家庭菜園2016」ピーマンの実が大きく育ってきた!^^

数年前から、初夏になるとベランダで家庭菜園を楽しんでいます。陽当りがいいので、お水さえちゃんとあげていれば、結構育つんですよね。昨年2015年は雨が多いうえに7月には2度も大きな台風が直撃、家庭菜園も大苦戦の年でした。それでも幾つかの野菜は育ってくれて、美味しく頂くことが出来ました。

今年はここ数年の失敗(大苦戦)を肥やしに、何とか頑張って育ててやりたいと思い、まずは野菜の苗から新鮮なものを購入することに。毎年、最寄りのホームセンターで苗を購入していたのですが、もう1つ元気が無かったんですよね。今年はちょうどGWに訪れた「奥殿陣屋(おくとのじんや)」にて、産直の苗を購入することに。苗の値段も格安で、ほとんどが1苗80円ほど。

日本庭園が素晴らしい「奥殿陣屋」にて、お抹茶と生麩饅頭を味わう!

虫が凄くてもう駄目かと思っていたピーマンが復活!そして愛らしい白い花も咲かせてくれました。

「家庭菜園2016」ピーマン復活!愛らしい白花が咲いてきた!^^

そして現在はこんな感じに「ピーマンの実」がそこそこのサイズまで育ってきてくれています。6,7個同時に育っているので、このまま上手くいけばまとめて収穫出来そう。ほんと一時は諦めかけていたので、この復活劇は嬉しい限り。このまま順調に育って欲しいところ。

続きを読む

付知峡秘境「不動滝」の映像(動画)でも見て、涼に浸ろうか!^^

先日、初めて訪れた秘境「付知峡」。岐阜県中津川市御岳山麓にある渓谷ですが、お食事処「岩魚の里 峡(はざま)」付知峡山林に囲まれた秘境の滝「不動滝」ともに素晴らしく、暑い夏に気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。

吊り橋を渡らないと辿りつけない「岩魚の里 峡(はざま)」にて、絶景と絶品料理を堪能!^^

付知峡山林に囲まれた秘境の滝「不動滝」にて、マイナスイオンに浸る!^^

こちらは秘境「不動滝」。写真だけでも涼しさが多少は伝わるかと思いますが、やはり映像(動画)に勝る臨場感はありませんよね。滝から流れ落ちる出る水の音を聞いているだけでも、ほんとあのマイナスイオンの心地よい空間を思い出します。

続きを読む